topimage

2017-10

2013-035:かんだやぶそば再開の目処は半年後 - 2013.02.22 Fri

創業140年のかんだやぶそばの火災から一夜明けた20日、4代目の店主は「建物は解体することになると思うが、半年後には再開したい」と再建を誓った。
周辺は東京大空襲を免れ、バブル期の地上げにも耐えた歴史的建造物が数多く残る地域だけに地元老舗店にも動揺が広がったが、関係者は再建に向け地域で協力するという。

「先ず〔藪蕎麦〕である。東京が誇り得る数少ない名店の一つだ」。『鬼平犯科帳』の著者で、食通でも知られた作家の池波正太郎(1024~00年)は、著書『食卓の情景』の中で、神田のやぶそばをこう評している。店内からは風雅な庭園を望め、都会の喧噪を忘れさせる落ち着いた雰囲気が特徴だった。

そばつゆの材料となる秘伝の「返し」は火災で失われたが、4代目店主の堀田康彦さん(68)は「返しはその都度つくるもの。伝統が味をつくるのではなく、技術が味をつくる。再建後も同じ味は出せる」と強調する。

ただ、関東大震災直後の大正12年12月に建てられた店舗は焼け、解体せざるを得ない状況に。

明治167年創業の老舗そば店「神田まつや」の女将、小高登茂子(ともこ)さん(76)は「昨夜は眠れず涙が出た。地域で助け合い再建に協力したい」と語る。

老舗の鳥すきやき店「ぼたん」の主人、桜井一雄さん(66)はいう。
「うちも昭和4年の古い木造建築なので火災には相当気を使っているが、今回の火災は人ごとではない。やぶそばの再建に向け地域で手を携えていきたい」
(産経ニュース 2013.2.21 00:46 より抜粋)
__________

奇跡的に東京大空襲を免れた老舗「かんだやぶそば」「ぼたん」「まつや」「いせ源」「竹むら」は趣深い外観を見るだけでも充分楽しく、お気に入りだっただけに、「やぶそば」の焼失・解体は非常に残念だけれど、一日も早い再開を楽しみに待ちたい。

もしかしたらビルになってしまうのだろか……。
歌舞伎座もビルになるご時世だしな……(-_-)
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

2013-036:当たった «  | BLOG TOP |  » 2013-034:ゴロゴロ

プロフィール

*もらぽん*

Author:*もらぽん*
相棒犬「もらん」のずっこけた日々と、食いしん坊な私のだらけた日々の記録です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

コメントBOX (1)
ご一読下さい (224)
恒河沙だより (16)
ごあいさつ (10)
ニュースなど (100)
東日本大震災 (89)
平成28年 熊本地震 (6)
当ブログについて (3)
相棒"もらん" (662)
もらん・2010 (10)
もらん・2011 (72)
もらん・2012 (92)
もらん・2013 (106)
もらん・2014 (122)
もらん・2015 (82)
もらん・2016 (107)
もらん・2017 (62)
のんのんデス (9)
食こそ我が人生 (837)
今日のごはん (325)
甘味は別腹… (214)
今日の肴は… (201)
手作りの食材 (81)
もやし栽培 (10)
手作り大好き (30)
布小物 (1)
ビーズアクセ (3)
編み物 (2)
草木染め (13)
ちょっと工作 (1)
デコパージュ (4)
メイクパレット (6)
お出掛け日記 (108)
ちょっと其処まで (71)
旅の思い出 (37)
私のお気に入り達 (79)
我が家の器達 (12)
大事な道具達 (22)
携帯電話の事 (27)
推薦したい本 (4)
好きな音楽 (6)
食玩たち (8)
リフォーム (1)
種々雑多な事 (317)
花や草や木や (31)
魚や虫や動物や (9)
ちょっと雑学 (28)
TVのあれこれ (10)
たまには映画 (11)
ゲームを少々 (2)
au oneブログ (4)
Macintosh (18)
諸々のこと (201)
方言いろいろ (3)
昔ばなし (12)
昭和は遠くなりにけり (7)
あぁ、勘違い (5)
只今準備中 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

「120万人署名」実施中!

WWF Japanが「エネルギー基本計画を変えよう!」をスローガンに120万人署名を実施中。

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

FC2カウンター

電力の使用状況

1時間ごとの東京電力の電気使用状況と、ピーク時供給力に対する現在の使用量の割合。

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: