FC2ブログ
topimage

2018-12

2018-287:元横綱 輪島 死去 - 2018.10.09 Tue

大相撲の元横綱・輪島こと輪島大士氏が死去 70歳 輪湖時代を築く

大相撲の第54代横綱で、北の湖とともに輪湖時代を築いた輪島大士氏(本名・輪島博)が死去したことが9日分かった。
70歳。石川県出身。

輪島氏は、金沢高、日本大学と相撲部で活躍。
大学時代には2年連続で学生横綱に輝くなど14個のタイトルを獲得した。
日大卒業前の1970年、花籠部屋に入門し、同年1月場所に幕下付出で初土俵。
幕下を2場所連続で全勝優勝して当時の最短記録で十両入りし、4場所の十両を経て、初土俵から1年で新入幕を果たした。

1972年9月場所後に大関昇進、大関4場所目の73年5月場所を全勝優勝とし、場所後に横綱に推挙され、第54代横綱に。
初土俵からわずか3年半のスピード出世だった。
横綱時代は故・北の湖前理事長としのぎを削り「輪湖(りんこ)時代」を築いた。

輪島氏は81年春場所で引退。
花籠部屋を継承したものの、金銭問題などで85年12月に日本相撲協会を退職した。
その後はプロレスラーに転身。

13年12月には咽頭がんの手術を受け、発声が困難な状況に。
15年11月20日、北の湖前理事長が多臓器不全で62歳で死去した翌日には、発声不可能のため、文書でコメントを寄せ「俺はもう少し頑張る。(理事長には)よく頑張ったね、お疲れさまと言いたい」と弔いの言葉を贈っていた。

(スポニチ 2018年10月9日 10:25)
__________

花も嵐も…希代のスター=「理」にかなった型破り-故輪島大士さん・大相撲

亡くなった元横綱の輪島大士さんは、土俵の内でも外でも型破りで奔放だったが、
そこには輪島さんなりの「理」があった。

  181009 横綱輪島-1
  ↑土俵入りする輪島 1980年5月 東京・蔵前国技館

「下手投げの力士は大成しない」と言われながら、初土俵から3年半で横綱に昇進。
素早く踏み込むと左前まわしを引いて相手を組み止め、右で強烈に絞って左下手投げ。
巨漢の北の湖と「輪湖時代」を築いた。
力士の大型化が始まった時代に、横綱昇進当時120キロ程度。
胸を合わさず、前まわしで相手を起こす相撲は、理にかなっていた。

「黄金の左」を支えたのは、安定した下半身だ。
きれいに腰が割れ、動いても崩れない。
すり足も見事。
金沢高校時代、1日2、3時間も基本を反復したという。
幼い頃、虫を怖がる気弱な子だった輪島さんは、岡大和監督の指導通り、黙々と四股を踏んだ。
「高校時代が一番稽古したなあ。あれが僕の基礎をつくってくれた」と述懐していた。
入門後は土俵に入るよりランニングに時間を割いた。
親方衆の不興を買ったが、「僕は体がないから、相手の重心が崩れかけた一瞬に投げないと決まらない。走ったのは瞬発力をつけるためだよ」と、引退後に解説した。

  181009 横綱輪島-2
  ↑北の湖(右)と対戦する輪島 1979年9月 東京・蔵前国技館

重要な場所の前、稽古場に報道陣や見物客が多いほど燃えた希代のスター。
いつも話題の中心にいた。
まげが結えるまでは長髪にパーマ。
番付が上がると、高級車リンカーンコンチネンタルで場所入り。
夜は銀座で豪遊。
何かと批判されたが、後援者を当てにして飲む力士が多い中、「自分の金で車を買って、遊んで何が悪いと思ったもんだ」と言っていた。

しかし、引退から4年目、年寄名跡を借金の担保にしたことが発覚し、日本相撲協会から処分を受けて廃業する。
自分の借金ではなく、同情論もあったが、相撲界を見る世間の目が厳しくなり始め、内部には輪島さんへの反発も積もっていた。
花籠部屋を閉じて弟子らを放駒親方(元大関魁傑)に託すことになり、開いた記者会見。
輪島さんは、関係者が用意した謝罪文を読み上げた。
「放駒親方は私と違って立派な方ですので…」。
どんな思いだったろう。

その後2年半ほど、プロレスのマットに上った。
元横綱として特別扱いを受け、練習もいいかげんだとうわさされたが、実際は真面目で、相撲界で格下だったレスラーにも教えを請うたという。

やがて雑誌などで白鵬らと対談するようになり、2009年初場所には、テレビ解説で23年ぶりに国技館へ姿を見せた。
周りの空気がぱっと華やぎ、ファンが集まった。
「おお輪島だ」「帰って来いよ」…。
輪島さんが協会を去った時に、相撲界は大きな財産を失ったように思う。
さよなら、「黄金の左」。

(時事通信社 2018/10/09-12:22)
__________

私が相撲に夢中になっていたのが輪湖時代だった。
阿佐ヶ谷勢贔屓だったので、花籠部屋や二子山部屋に行っては、
稽古後のお相撲さん達とお喋りするのが楽しくて仕方がなかった。
当時の国技館は蔵前にあり、趣深い建物だった。
東京場所中の日曜日は朝から国技館に行き、
花道や支度部屋前をウロウロしていたのも楽しい思い出。

横綱 輪島、横綱 北の湖、大関 貴ノ花。
当時の相撲界を牽引していた花形力士がみな鬼籍に入った今、
改めて時が流れたのだとしみじみ…。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

2018-288:秋晴れ «  | BLOG TOP |  » 2018-286:台風25号の置き土産

プロフィール

*もらぽん*

Author:*もらぽん*
相棒犬「もらん」のずっこけた日々と、食いしん坊な私のだらけた日々の記録です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

コメントBOX (1)
ご一読下さい (265)
恒河沙だより (16)
ごあいさつ (11)
ニュースなど (139)
東日本大震災 (90)
平成28年 熊本地震 (6)
当ブログについて (3)
相棒"もらん" (670)
もらん・2010 (10)
もらん・2011 (72)
もらん・2012 (92)
もらん・2013 (106)
もらん・2014 (122)
もらん・2015 (82)
もらん・2016 (107)
もらん・2017 (63)
のんのんデス (16)
食こそ我が人生 (1014)
今日のごはん (391)
甘味は別腹… (269)
今日の肴は… (245)
手作りの食材 (93)
もやし栽培 (10)
手作り大好き (46)
布小物 (2)
ビーズアクセ (4)
編み物 (2)
草木染め (13)
ちょっと工作 (4)
デコパージュ (9)
メイクパレット (7)
タイルDIY (5)
お出掛け日記 (130)
ちょっと其処まで (93)
旅の思い出 (37)
私のお気に入り達 (94)
我が家の器達 (14)
大事な道具達 (32)
携帯電話の事 (29)
推薦したい本 (5)
好きな音楽 (6)
食玩たち (8)
リフォーム (1)
種々雑多な事 (410)
花や草や木や (77)
魚や虫や動物や (9)
ちょっと雑学 (42)
TVのあれこれ (10)
たまには映画 (11)
ゲームを少々 (3)
au oneブログ (4)
Macintosh (20)
諸々のこと (231)
方言いろいろ (3)
昔ばなし (13)
昭和は遠くなりにけり (8)
あぁ、勘違い (5)
只今準備中 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

「120万人署名」実施中!

WWF Japanが「エネルギー基本計画を変えよう!」をスローガンに120万人署名を実施中。

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: