topimage

2017-09

2016-143:第20回 東京都知事選挙 - 2016.08.01 Mon

昨日は、7月14日に告示された都知事選挙の投票日。
今回の都知事選は過去最多の21人が立候補。

160801 第20回 東京都知事選挙-1


小池氏、無党派層にも浸透 女性初の都知事誕生

東京都知事選が31日投開票され、元防衛相の小池百合子氏(64)=無所属=が初当選した。
いずれも無所属新顔の元総務相の増田寛也氏(64)=自民、公明、日本のこころを大切にする党推薦=、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活の党と山本太郎となかまたちなど推薦=らを破った。
小池氏が政党の枠を超えた幅広い支持を集めた。

女性知事は全国で7人目、東京都では初めて。
既成政党の支援を受けない都知事の誕生は、1999年に石原慎太郎氏が鳩山邦夫氏(民主推薦)、明石康氏(自民推薦)らを破って初当選して以来となる。

投票率は59.73%で、都心に大雪が降った2014年の前回(46.14%)を大きく上回った。

当選確実になった後、小池氏は「しがらみなく自由に発言し、広がりのある政策を訴えた。所属や政党の帰属を超えて、新しい東京を求める方々の声が大きかった。これまでにない、見たこともない都政を進める」と語った。

都議会に対しては「冒頭解散」を唱えて対決姿勢を鮮明にしていたが、「議会のみなさまとはしっかり連携させていただき、都民に必要な政治をさせていただきたい」と述べた。

2020年東京五輪・パラリンピックの開催費用が膨張し、増えた分の費用負担のあり方が問題になっていることについては、「積算根拠を改めて出していただく」とした。
リオ五輪の開会式への出席は見合わせる考えを示し、「数々の諸問題に早速取り組んでいきたい」と話した。

「政治とカネ」の問題で舛添要一前知事が任期途中で辞職したことに伴う選挙戦は、舛添氏を支援した自公両党が岩手県知事を務めた元官僚の増田氏を推薦。野党4党は次期衆院選もにらみ、統一候補として知名度の高い鳥越氏に一本化した。前自民党衆院議員の小池氏が政党の支援を受けず立候補し、17年ぶりの「保守分裂選挙」となった。

主要3候補で真っ先に立候補を表明した小池氏は、自民党に出した推薦依頼を取り下げて出馬。
「東京の都連はどこで誰が何を決めているか不透明。ブラックボックスのようだ」と述べ、自民都連や都議会自民党を「敵」にみたてた。
組織のしがらみがなく、信念を貫いて孤軍奮闘する改革者のイメージを強調。
「東京大改革宣言」をキャッチフレーズに都政の透明化を打ち出した。

選挙戦では、子育てや介護などの問題解決に女性の発想力が必要と訴えた。
環境相時代に定着させた「クールビズ」の実績も挙げ、リーダーシップもアピール。
自民党の国会議員らの支援は一部にとどまったものの、自民、公明両支持層のほか、野党の支持層も一部取り込み、多くの無党派層の支持を得た。

建設省(現国土交通省)出身の増田氏は、実務経験と政策通をアピール。
都民に関心が高い子育てについて、「就任して1カ月以内に地域別の待機児童解消プログラムをつくる」と公言。
政府与党や首長との緊密な連携を掲げ、政策遂行能力を強調した。
だが、知名度不足が響いて小池氏に後れを取った。
党幹部も応援に入り、陣営がはがきや電話で支持層への浸透を図ったが追いつかなかった。
自民都連が、党推薦の増田氏以外を応援した場合は除名などの処分対象になるとの通達を出したことに、自民支持者が反発。
組織を固めることができなかった。

鳥越氏は、告示2日前に立候補を表明。
政界の外にいたことから「クリーンさ」をアピールし、市民団体や無所属の地方議員らも選挙戦を支えた。
当初は準備不足もあり、政策について語ることが少なかったが、中盤以降は護憲や脱原発、非核都市宣言など国政の課題も掲げて野党支持層に訴えた。
民進や共産などの党幹部も応援に入って追い上げをはかったが、支持層を固め切れず、無党派層の支持も広げられなかった。

   ◇  ◇  ◇

こいけ・ゆりこ テレビキャスターとして活躍後、1992年の参院選で日本新党から立候補して初当選。
新進、自由、保守の各党を経て、2002年に自民党入りした。
環境相として「クールビズ」を提唱。
防衛相時代には当時の事務次官と対立し、2カ月で退任した。
10年には、女性初の自民党三役として総務会長に就いた。
(朝日新聞デジタル 2016年7月31日23時57分)
__________

160801 第20回 東京都知事選挙

__________

都知事選投票率は59.73% 前回を13.59ポイント上回る

31日投開票された東京都知事選の投票率は59.73%で、前回の46.14%を13.59ポイント上回った。
今回は舛添要一氏の辞職や各政党の候補者選びに注目が集まったほか、主要候補3氏の激戦となったことから投票率の上昇が見込まれていた。

当日有権者数は1108万3306人。
期日前投票は170万8195人で、前回の100万2914人から大幅に増えた。

都知事選の投票率の過去最高は、美濃部亮吉氏が再選された1971年の72.36%。
過去最低は鈴木俊一氏が3選を果たした87年の43.19%。
(日本経済新聞 2016/8/1 0:06)
__________

以前から選挙の度にマスコミ各社が事前調査を行っている。
最近では、PCの普及等により、事前調査の正確度がかなり上がっている。
それによって、開票直後に当確が出る様になった。

以前は、「えっ?」とか「よし!」等々と言いながら開票速報を見ていたけれど、
昨今は事前調査の正確度上昇により、その楽しみが無くなった。
そのうち、選挙速報そのものが無くなるのかも知れない。

「是非ともこの人に頑張って欲しい」と思える候補者や政党がなくなって、消去法で投票する候補者や政党を選ばざるを得なくなり、選挙速報を見る楽しみも無くなった。
残念。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

2016-144:ぬれ甘なつとブランデー «  | BLOG TOP |  » 2016-142:フレーバー・ウォーター《キュウリ》

プロフィール

*もらぽん*

Author:*もらぽん*
相棒犬「もらん」のずっこけた日々と、食いしん坊な私のだらけた日々の記録です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

コメントBOX (1)
ご一読下さい (224)
恒河沙だより (16)
ごあいさつ (10)
ニュースなど (100)
東日本大震災 (89)
平成28年 熊本地震 (6)
当ブログについて (3)
相棒"もらん" (662)
もらん・2010 (10)
もらん・2011 (72)
もらん・2012 (92)
もらん・2013 (106)
もらん・2014 (122)
もらん・2015 (82)
もらん・2016 (107)
もらん・2017 (62)
のんのんデス (9)
食こそ我が人生 (835)
今日のごはん (325)
甘味は別腹… (212)
今日の肴は… (201)
手作りの食材 (81)
もやし栽培 (10)
手作り大好き (29)
布小物 (1)
ビーズアクセ (3)
編み物 (2)
草木染め (13)
ちょっと工作 (1)
デコパージュ (3)
メイクパレット (6)
お出掛け日記 (108)
ちょっと其処まで (71)
旅の思い出 (37)
私のお気に入り達 (79)
我が家の器達 (12)
大事な道具達 (22)
携帯電話の事 (27)
推薦したい本 (4)
好きな音楽 (6)
食玩たち (8)
リフォーム (1)
種々雑多な事 (314)
花や草や木や (29)
魚や虫や動物や (9)
ちょっと雑学 (28)
TVのあれこれ (10)
たまには映画 (11)
ゲームを少々 (2)
au oneブログ (4)
Macintosh (18)
諸々のこと (200)
方言いろいろ (3)
昔ばなし (12)
昭和は遠くなりにけり (7)
あぁ、勘違い (5)
只今準備中 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

「120万人署名」実施中!

WWF Japanが「エネルギー基本計画を変えよう!」をスローガンに120万人署名を実施中。

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

FC2カウンター

電力の使用状況

1時間ごとの東京電力の電気使用状況と、ピーク時供給力に対する現在の使用量の割合。

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: