topimage

2017-08

2015-058:坂東三津五郎 死去 - 2015.02.23 Mon

訃報:坂東三津五郎さん59歳=歌舞伎俳優、坂東流家元

演技、舞踊の両方に傑出した力量を持つ歌舞伎立ち役で日本舞踊坂東流家元の坂東三津五郎(ばんどう・みつごろう<本名・守田寿=もりた・ひさし>)さんが21日午前2時3分、膵臓がんのため東京都内の病院で死去した。59歳。葬儀は25日午後3時、東京都港区南青山の青山葬儀所。喪主は長男で歌舞伎俳優の巳之助さん。

東京都生まれ。九代目三津五郎の長男で、母方の祖父は八代目三津五郎。1957年に初お目見えし、62年に五代目坂東八十助を襲名し、初舞台を踏んだ。舞踊の家元でもある三津五郎家の跡取りとして父から厳しい指導を受けた。78年にはNHKの連続テレビ小説「おていちゃん」に出演した。

東京・歌舞伎座で90年8月に始まった「納涼歌舞伎」では、十八代目中村勘三郎さん(2012年死去)と共に主軸となり、花形世代をけん引。01年に十代目三津五郎を襲名した。

芸域は広く、あたり役に世話物では「源氏店」の与三郎、「髪結新三」の新三、舞踊では「喜撰」の喜撰、時代物では「蘭平物狂」の蘭平、「歌舞伎十八番」の「勧進帳」の弁慶がある。歌舞伎以外の舞台では「近松心中物語」「芭蕉通夜舟」、映画では「母べえ」(山田洋次監督)に出演。テレビドラマに「ルーズヴェルト・ゲーム」など。

膵臓がんが見つかり、13年8月の「納涼歌舞伎」の千秋楽後に入院し、14年4月に舞台復帰。同8月の「納涼歌舞伎」の「たぬき」と「勢獅子(きおいじし)」の鳶頭が歌舞伎では最後の舞台になった。舞踊の最後の舞台は同10月。今年1月末、インフルエンザに感染し、緊急入院。その後、一時帰宅し、テレビ番組の収録などを行ったが、今月17日、容体が急変した。

日本芸術院賞、紫綬褒章、12年度毎日芸術賞などを受賞。
(毎日新聞 2015年02月22日 20時48分(最終更新 02月22日 23時42分))
__________

坂東三津五郎さん死去:粋な芸風、隙も狂いもなく


歌舞伎俳優で日本舞踊の坂東流家元の坂東三津五郎さんが21日、亡くなった。

「神様はどうして歌舞伎界から大切な人を奪っていかれるのだろうね」とは三津五郎さんが、中村勘三郎さん(2012年死去)、市川団十郎さん(13年死去)の訃報の後に、2人の早すぎる最期を嘆いての言葉である。その嘆きを、今はそのままどこかに返したい。

端正で品格があり、隙も狂いもない粋な芸風、芸への真摯さ、全体への目配り。
歌舞伎界にとってかけがえのない存在であった。しかも59歳の若さだ。

父の九代目三津五郎と共に尾上菊五郎劇団に在籍し、先輩の舞台を間近にみて研さんを続けた。

盟友の勘三郎さんと踊った「棒しばり」や「三社祭」の息と動きの素晴らしさは後世までの語り草となろう。さまざまな役柄に挑み、ついには柄にはないと思われていた「勧進帳」の弁慶や「金閣寺」の松永大膳も自分のものとした。

歌舞伎では最後の舞台となった昨年8月の「たぬき」の金兵衛は死んだはずがよみがえる役。病から復帰した自身の心境になぞらえ、「また違った金兵衛になるのでは」と語ったところに、俳優のすごみを見た。

曽祖父は「踊りの神様」とまでたたえられた七代目三津五郎。踊りが義務で、若いころは「レシピを確認しながら、踊るような感覚」であったという。そこを脱し、初めて楽しさを覚えたのが、41歳での「奴道成寺」。「ようやく腕が身に着き、料理なら一匹のタイを前にどう調理しようかと考えられるようになりました」と語っていた。舞踊の家の継承者としての強い自負を持ち、「龍虎」「独楽売」「山帰り」など上演がまれな舞踊の復活にも取り組んだ。

城好きとして知られ、著作も持つ。文章力に優れ、本紙でもコラムを執筆してもらった。句作にも親しんでいたが、すべて芸のためであったのだろう。その結実が、松尾芭蕉役をつとめ、12年度の毎日芸術賞受賞対象となった井上ひさし作「芭蕉通夜舟」である。

円熟の芸をもう見ることがかなわないのが口惜しく悲しい。
(毎日新聞 2015年02月22日 21時23分(最終更新 02月23日 18時59分))
__________

歌舞伎界を牽引すべき役者さんがまた一人亡くなった。

ここ数年、立て続けに歌舞伎界の大物役者が亡くなった。
・2010年04月 旧歌舞伎座 閉場
・2011年01月 中村富十郎 死去(享年81)
・2011年11月 中村芝翫 死去(享年83)
・2012年02月 中村雀右衛門 死去(享年91)
・2012年12月 中村勘三郎 死去(享年57)
・2013年02月 市川団十郎 死去(享年66)
・2013年04月 新歌舞伎座 開場
・2015年02月 坂東三津五郎 死去(享年59)

「歌舞伎座を新築すると大物役者が次々に亡くなる」と言う『歌舞伎座の呪い』は本当だったのか?と思えてくる。
贔屓の役者さんや花形役者さんが亡くなるのは、残念でならない。

三津五郎さんのご冥福を祈ります。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

2015-059:石焼き芋 «  | BLOG TOP |  » 2015-057:菊芋の肉巻き

プロフィール

*もらぽん*

Author:*もらぽん*
相棒犬「もらん」のずっこけた日々と、食いしん坊な私のだらけた日々の記録です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

コメントBOX (1)
ご一読下さい (223)
恒河沙だより (16)
ごあいさつ (10)
ニュースなど (99)
東日本大震災 (89)
平成28年 熊本地震 (6)
当ブログについて (3)
相棒"もらん" (662)
もらん・2010 (10)
もらん・2011 (72)
もらん・2012 (92)
もらん・2013 (106)
もらん・2014 (122)
もらん・2015 (82)
もらん・2016 (107)
もらん・2017 (62)
のんのんデス (9)
食こそ我が人生 (828)
今日のごはん (323)
甘味は別腹… (210)
今日の肴は… (198)
手作りの食材 (81)
もやし栽培 (10)
手作り大好き (27)
布小物 (1)
ビーズアクセ (3)
編み物 (2)
草木染め (13)
ちょっと工作 (1)
デコパージュ (1)
メイクパレット (6)
お出掛け日記 (108)
ちょっと其処まで (71)
旅の思い出 (37)
私のお気に入り達 (79)
我が家の器達 (12)
大事な道具達 (22)
携帯電話の事 (27)
推薦したい本 (4)
好きな音楽 (6)
食玩たち (8)
リフォーム (1)
種々雑多な事 (305)
花や草や木や (22)
魚や虫や動物や (9)
ちょっと雑学 (28)
TVのあれこれ (10)
たまには映画 (11)
ゲームを少々 (2)
au oneブログ (4)
Macintosh (17)
諸々のこと (199)
方言いろいろ (3)
昔ばなし (12)
昭和は遠くなりにけり (7)
あぁ、勘違い (5)
只今準備中 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

電力の使用状況

1時間ごとの東京電力の電気使用状況と、ピーク時供給力に対する現在の使用量の割合。

「120万人署名」実施中!

WWF Japanが「エネルギー基本計画を変えよう!」をスローガンに120万人署名を実施中。

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: