topimage

2015-02

2015-061:わさび菜のお浸し - 2015.02.28 Sat

わさび菜は生食でも美味しいけど、サッと加熱するとまた違った味わいが楽しめる。

と言うことで、今宵の一品は、わさび菜のお浸し!

150228 わさび菜のお浸し
わさび菜をザルに重ならない様に並べ、熱湯を廻しかけて湯通し。
水気を切って出汁醤油で和え、胡麻を添えて出来上がり♪

今夜は、ピリ辛のわさび菜を肴に冷酒をチビチビ♪

スポンサーサイト

2015-060:お好み焼き - 2015.02.27 Fri

日中は暖かかったのに、夕方近くにグーンと気温が下がり北風ピープー吹き始めた今日の東京。

そんな今日は、久し振りの『お好み焼き』!

150227 お好み焼き
具は、我が家の定番「納豆&豚肉」。

焼き上がってから青海苔を切らしていたことに気付き、自分の大いなる間抜けっぷりに我ながら呆れる(¬_¬;


2015-059:石焼き芋 - 2015.02.24 Tue

今年の冬は石焼き芋屋さんを見掛けない。
冬の風物詩「い〜しや〜きいも♪や〜きいも♪」という声も聞かない。
去年までは散歩の途中で見掛けたし、家に居ても日に何度か「い〜しや〜きいも♪」と聞こえて来ていたのに、今冬はその気配の欠片すらない。

「世の中から石焼き芋屋さんが消えてなくなったのか?!」と思っていたら、今夕のお散歩で発見!!!
今冬初の焼き芋屋さんの姿に嬉しくなって、思わず買ってしまった(f^^)

焼き芋屋のおじさんが私の横に居る“もらん”を見て、「ワンちゃんもお芋好き?」と聞くから、「大好きなんですよ」と言うと、冷めてしまった焼き芋を「ワンちゃんにどうぞ♪」とくれた(@o@)
お芋好きな“もらん”は、焼き芋の香りにワクワクそわそわ。
私が手に持った焼き芋を見て、目を爛々と輝かせてピシッと座り、お芋を貰えるのを待ってるし……(´ o`)
取り敢えず一口だけ食べさせて、「あとはお家に帰ってからね!」

150224 石焼き芋-1
紅東なのに、安納芋みたいにしっとり。
どちらかと言うとホクホクが好きなのでチョット残念だけど、すごい甘い!

150224 石焼き芋-2
散歩の帰途に見た公園の梅。
ここ数日で随分咲いたな〜♪

夜の梅 虎屋の羊羹 食べたいな(もらぽん心の俳句)

2015-058:坂東三津五郎 死去 - 2015.02.23 Mon

訃報:坂東三津五郎さん59歳=歌舞伎俳優、坂東流家元

演技、舞踊の両方に傑出した力量を持つ歌舞伎立ち役で日本舞踊坂東流家元の坂東三津五郎(ばんどう・みつごろう<本名・守田寿=もりた・ひさし>)さんが21日午前2時3分、膵臓がんのため東京都内の病院で死去した。59歳。葬儀は25日午後3時、東京都港区南青山の青山葬儀所。喪主は長男で歌舞伎俳優の巳之助さん。

東京都生まれ。九代目三津五郎の長男で、母方の祖父は八代目三津五郎。1957年に初お目見えし、62年に五代目坂東八十助を襲名し、初舞台を踏んだ。舞踊の家元でもある三津五郎家の跡取りとして父から厳しい指導を受けた。78年にはNHKの連続テレビ小説「おていちゃん」に出演した。

東京・歌舞伎座で90年8月に始まった「納涼歌舞伎」では、十八代目中村勘三郎さん(2012年死去)と共に主軸となり、花形世代をけん引。01年に十代目三津五郎を襲名した。

芸域は広く、あたり役に世話物では「源氏店」の与三郎、「髪結新三」の新三、舞踊では「喜撰」の喜撰、時代物では「蘭平物狂」の蘭平、「歌舞伎十八番」の「勧進帳」の弁慶がある。歌舞伎以外の舞台では「近松心中物語」「芭蕉通夜舟」、映画では「母べえ」(山田洋次監督)に出演。テレビドラマに「ルーズヴェルト・ゲーム」など。

膵臓がんが見つかり、13年8月の「納涼歌舞伎」の千秋楽後に入院し、14年4月に舞台復帰。同8月の「納涼歌舞伎」の「たぬき」と「勢獅子(きおいじし)」の鳶頭が歌舞伎では最後の舞台になった。舞踊の最後の舞台は同10月。今年1月末、インフルエンザに感染し、緊急入院。その後、一時帰宅し、テレビ番組の収録などを行ったが、今月17日、容体が急変した。

日本芸術院賞、紫綬褒章、12年度毎日芸術賞などを受賞。
(毎日新聞 2015年02月22日 20時48分(最終更新 02月22日 23時42分))
__________

坂東三津五郎さん死去:粋な芸風、隙も狂いもなく


歌舞伎俳優で日本舞踊の坂東流家元の坂東三津五郎さんが21日、亡くなった。

「神様はどうして歌舞伎界から大切な人を奪っていかれるのだろうね」とは三津五郎さんが、中村勘三郎さん(2012年死去)、市川団十郎さん(13年死去)の訃報の後に、2人の早すぎる最期を嘆いての言葉である。その嘆きを、今はそのままどこかに返したい。

端正で品格があり、隙も狂いもない粋な芸風、芸への真摯さ、全体への目配り。
歌舞伎界にとってかけがえのない存在であった。しかも59歳の若さだ。

父の九代目三津五郎と共に尾上菊五郎劇団に在籍し、先輩の舞台を間近にみて研さんを続けた。

盟友の勘三郎さんと踊った「棒しばり」や「三社祭」の息と動きの素晴らしさは後世までの語り草となろう。さまざまな役柄に挑み、ついには柄にはないと思われていた「勧進帳」の弁慶や「金閣寺」の松永大膳も自分のものとした。

歌舞伎では最後の舞台となった昨年8月の「たぬき」の金兵衛は死んだはずがよみがえる役。病から復帰した自身の心境になぞらえ、「また違った金兵衛になるのでは」と語ったところに、俳優のすごみを見た。

曽祖父は「踊りの神様」とまでたたえられた七代目三津五郎。踊りが義務で、若いころは「レシピを確認しながら、踊るような感覚」であったという。そこを脱し、初めて楽しさを覚えたのが、41歳での「奴道成寺」。「ようやく腕が身に着き、料理なら一匹のタイを前にどう調理しようかと考えられるようになりました」と語っていた。舞踊の家の継承者としての強い自負を持ち、「龍虎」「独楽売」「山帰り」など上演がまれな舞踊の復活にも取り組んだ。

城好きとして知られ、著作も持つ。文章力に優れ、本紙でもコラムを執筆してもらった。句作にも親しんでいたが、すべて芸のためであったのだろう。その結実が、松尾芭蕉役をつとめ、12年度の毎日芸術賞受賞対象となった井上ひさし作「芭蕉通夜舟」である。

円熟の芸をもう見ることがかなわないのが口惜しく悲しい。
(毎日新聞 2015年02月22日 21時23分(最終更新 02月23日 18時59分))
__________

歌舞伎界を牽引すべき役者さんがまた一人亡くなった。

ここ数年、立て続けに歌舞伎界の大物役者が亡くなった。
・2010年04月 旧歌舞伎座 閉場
・2011年01月 中村富十郎 死去(享年81)
・2011年11月 中村芝翫 死去(享年83)
・2012年02月 中村雀右衛門 死去(享年91)
・2012年12月 中村勘三郎 死去(享年57)
・2013年02月 市川団十郎 死去(享年66)
・2013年04月 新歌舞伎座 開場
・2015年02月 坂東三津五郎 死去(享年59)

「歌舞伎座を新築すると大物役者が次々に亡くなる」と言う『歌舞伎座の呪い』は本当だったのか?と思えてくる。
贔屓の役者さんや花形役者さんが亡くなるのは、残念でならない。

三津五郎さんのご冥福を祈ります。

2015-057:菊芋の肉巻き - 2015.02.22 Sun

4年前、福島県復興支援の物産展で買った事がある菊芋。
その時は「何か不思議な食べ物」と言う感想しか持たなかったけど、
久し振りに買った今回の感想は、「クセになる食感♪」

「天然のインスリン」と言われる『イヌリン』を豊富に含む菊芋は、糖代謝を促すビタミンB1や免疫力を上げるビタミンB2、抗酸化作用があるビタミンC、インスリン分泌を促すカリウムが豊富な高機能食品。

生で食べるとシャキシャキ♪
加熱するとホクホク♪

150222 菊芋の肉巻
菊芋を豚肉で巻いて、フライパンでゴロゴロしながら焼いて、甘辛く味付け。

豚肉にギリギリ火が通る程度の焼き加減なので、中の菊芋はシャキホク(^^)v

2015-056:夕焼け散歩 - 2015.02.20 Fri

良いお天気だった今日の東京。
空気は冷たいけど、春が其処まで来ている感じ♪

150220 夕焼け散歩-1
もらんお気に入りの小さな公園で、花壇の周りを何周もグルグル……。
花壇のお多福南天の紅葉もそろそろ終わりかな〜。

150220 夕焼け散歩-2
夕日に照らされる緑道公園で♪

150220 夕焼け散歩-3
帰途に見た夕焼け♪

2015-055:葬儀のしきたり《関東》 - 2015.02.20 Fri

【東京都】
・民営の火葬場がある
  ※公営:臨海斎場、瑞江葬儀所
  ※民間:桐谷斎場、町屋斎場、代々幡斎場、落合斎場、堀ノ内斎場、四ツ木斎場、戸田葬祭場
・斎場の予約が埋まっていると、通夜が逝去の数日後になることがある。
・一般参列者にも料理をふるまう。
  ※参列者は箸をつける事が供養となるので断らないのが礼儀。

【神奈川県】
・農村部や郊外などでは、昔ながらのしきたりや風習が残っており、
 「隣組」などの近隣組織が今も機能している。
・「通夜振る舞い」を行う。

【千葉県】
・都市部では「後火葬」。
・房総地域では「前火葬」で、葬儀当日に納骨する。
・一部地域では、個人が長寿を全うした高齢者の場合、紅白水引のポチ袋に、
 穴に紅白の紐を通した五円玉を入れて、会葬御礼と一緒に配る。
  ※この長寿銭を持ち帰ると「長寿を全うした故人にあやかることができる」といわれ、
   縁起の良いものとして考えられている。

【埼玉県】
・「前火葬」と「後火葬」が混在。
・秩父などでは、通夜の香典の他に、紅白水引の「お見舞い」を用意することがある。
  ※遅ればせながらのお見舞金を、通夜の席で渡すという意味。
・県北部では参列者全員に金剛杖が配られ、それを持って参列する。

【群馬県】
・子供の数だけ位牌を作る。
・一部地域では、故人が長寿を全うした高齢者の場合、出棺時に遺族が参列者に「撒き銭」を撒く。

【栃木県】
・大きな数珠で念仏を唱える「百万遍」を行う。
  ※遺族と隣組などの人達が、長い数珠を一緒に持って根物を唱えながら数珠を横にまわして行く。
・七日ざらし
  ※故人の衣服を家の裏に北向きに干し、常に濡れた状態にしておく儀式。
・一部地域では、参列者が帰宅した際に玄関先で清めの塩と一緒に鰹節をかける。

【茨城県】
・一部地域では出棺時に「撒き銭」を行う。
・一部地域では「七日ざらし」を行う。
・一部地域では、参列者が帰宅した際に玄関先で清めの塩と一緒に鰹節をかける。
  ※鰹節は口に含む場合もある。

2015-054:葬儀のしきたり《北海道・東北編》 - 2015.02.19 Thu

【北海道】
・お香典に領収証を出す。
  ※葬儀の受付でお香典を出すと、目の前で中身を確認し、名前が記入された領収書が発行される。
・黒豆を混ぜた餅米を炊いた「黒飯」がふるまわれる。
・忌明け(四十九日)時の香典返しを行わないことが多い。
・道南など一部地域では、火葬してから通夜・告別式を行う「前火葬」(火葬→お通夜→葬儀告別式)。

【青森県】
・「前火葬」が主流。
・お骨を骨壺から出して納骨する。

【秋田県】
・「前火葬」だが、納棺→火葬→通夜→葬儀の順に行う場合と、通夜→納棺→火葬→葬儀の順に行う場合とが混在している。
・他県に比べて「納棺の儀」に重きを置く傾向が見られる。
・お焼香の際に小銭(数十円程度)を置く。

【岩手県】
・葬儀場に参列者が先に入り、その後に遺族が行列して入場する。
・逝去から葬儀まで3〜5日空け、その間は毎日お通夜を行う。

【山形県】
・「念仏講」や「観音講」という地域組織に属している年配の女性が集まり「御詠歌」を詠う。
  ※御詠歌=仏教の教えを五・七・五・七・七の和歌にしてある歌
・葬儀当日に三十五日(五七忌)法要を行う。
・出棺は玄関以外の場所から行われる。

【宮城県】
・一部地域では、出棺の際に男性が白い三角の布、女性が白い頭巾をかぶる風習が見られる。
・「白ササゲ豆」を混ぜた餅米をふかした「白ぶかし」がお通夜の夜にふるまわれる。

【福島県】
・「前火葬」と「後火葬」が混在している。
・納棺の際に副葬品として、男性の場合には剃刀、女性の場合にはハサミを入れる風習がある。
  ※かつて、湯灌を行う際に男性の髭をそったり女性の髪を短く切ったりしていた名残。

2015-053:領収書にビックリ - 2015.02.18 Wed

北海道在住の知人のご家族にご不幸があったので、僅少ながらお香典を郵送した。
お香典のお礼メールを頂いた数日後、その知人からメール便が届いた。
それは返礼品だったのだが、その品と一緒に領収書が入っていた。

お香典の領収書を貰ったはもちろん、見た事も聞いた事もなかったので、かなりビックリ(@o@)

「お香典に領収書?」と不思議に思い、ネットで検索してみたら、
北海道では通夜・葬儀の受付で全員に領収書を発行するしきたりがあるのだとか……。

150218 葬儀のしきたり-1
葬儀用の領収書

150218 葬儀のしきたり-2
お香典の他に、供花料と供物料の欄も!

世の中には知らない事がいっぱい!!!
まだまだ知らないしきたりが沢山あるんだろうな〜。

2015-052:甘酒 - 2015.02.17 Tue

雨だの雪だのが降って寒〜い今日の東京。
すっかり真冬に逆戻り(>_<)

そんな寒い日は、甘酒でほっこり♪

150217 甘酒

板酒粕を小さく千切って煮溶かし、お砂糖を加えて一煮立ち。
おろし生姜を添えて♪

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

*もらぽん*

Author:*もらぽん*
相棒犬「もらん」のずっこけた日々と、食いしん坊な私のだらけた日々の記録です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

コメントBOX (1)
ご一読下さい (224)
恒河沙だより (16)
ごあいさつ (10)
ニュースなど (100)
東日本大震災 (89)
平成28年 熊本地震 (6)
当ブログについて (3)
相棒"もらん" (662)
もらん・2010 (10)
もらん・2011 (72)
もらん・2012 (92)
もらん・2013 (106)
もらん・2014 (122)
もらん・2015 (82)
もらん・2016 (107)
もらん・2017 (62)
のんのんデス (9)
食こそ我が人生 (836)
今日のごはん (325)
甘味は別腹… (213)
今日の肴は… (201)
手作りの食材 (81)
もやし栽培 (10)
手作り大好き (29)
布小物 (1)
ビーズアクセ (3)
編み物 (2)
草木染め (13)
ちょっと工作 (1)
デコパージュ (3)
メイクパレット (6)
お出掛け日記 (108)
ちょっと其処まで (71)
旅の思い出 (37)
私のお気に入り達 (79)
我が家の器達 (12)
大事な道具達 (22)
携帯電話の事 (27)
推薦したい本 (4)
好きな音楽 (6)
食玩たち (8)
リフォーム (1)
種々雑多な事 (315)
花や草や木や (30)
魚や虫や動物や (9)
ちょっと雑学 (28)
TVのあれこれ (10)
たまには映画 (11)
ゲームを少々 (2)
au oneブログ (4)
Macintosh (18)
諸々のこと (200)
方言いろいろ (3)
昔ばなし (12)
昭和は遠くなりにけり (7)
あぁ、勘違い (5)
只今準備中 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

「120万人署名」実施中!

WWF Japanが「エネルギー基本計画を変えよう!」をスローガンに120万人署名を実施中。

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

FC2カウンター

電力の使用状況

1時間ごとの東京電力の電気使用状況と、ピーク時供給力に対する現在の使用量の割合。

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: