topimage

2011-03

2011-132:見上げてごらん夜の星を♪ - 2011.03.31 Thu

見上げてごらん 夜の星を
小さな星の 小さな光りが
ささやかな幸せを うたってる

見上げてごらん 夜の星を
ぼくらのように 名もない星が
ささやかな幸せを 祈ってる

手をつなごう ぼくと
追いかけよう 夢を
二人なら 苦しくなんかないさ

見上げてごらん 夜の星を
小さな星の 小さな光りが
ささやかな幸せを うたってる

見上げてごらん 夜の星を
ぼくらのように 名もない星が
ささやかな幸せを 祈ってる

(歌:坂本九、作詩:永六輔、作曲:いずみたく)

スポンサーサイト

2011-131:坂本九 BEST9! - 2011.03.31 Thu

数日前、何気なくiTune Storeを覗いたら、『SONGS FOR JAPAN』を筆頭に「がんばろう日本!」ムードになっていた。

「どれどれ、どんな歌があるのかな~?」と見ていたらその中に坂本九氏のアルバムがあった。

子供の頃、『上を向いて歩こう』や『幸せなら手をたたこう』を歌ったり、『ジェンカ』を踊ったりしていたが、成長するに従い、坂本九氏の歌を聴く機会が殆どなくなった。

当時、歌手 坂本九、作詩家 永六輔、作曲家 中村八大の三人は『六八九トリオ』呼ばれていた。
子供の頃のある日、父と出掛けた帰りに立ち寄ったレストランで中村八大氏がピアノを弾いていた。
その時、父が「永六輔の六、中村八大の八、坂本九の九を取って六八九トリオと言うんだ。」と教えてくれた。
「なぜ三人とも名前に数字が入っているのか?なぜ七が抜けているのか?」と私が質問した時の父の困った顔を今でも覚えている。(妙な事を覚えているものだ……苦笑……。)


その坂本九氏のアルバムを見付け、何故か判らないが試聴してみようと思った。

聞き覚えのある曲ばかりだと言う事もあってか、すんなり入って来る感じだ。

大震災の後、ニュースで惨状を見たり、避難者名簿作りのお手伝いして被災者の多さに改めて愕然としたり、原発の報道を見る度に不安になったり立腹したり等々の日々。
そして、「がんばろう日本!」をスローガンに国民が一つになった感がある今、坂本九氏の歌がすごくフィットする気がした。


で、「購入」ボタンをポチッ。

110331坂本九 BEST9
♪上を向いて歩こう
♪見上げてごらん夜の星を
♪明日があるさ
♪悲しき六十才(ムスターファ)
♪ステキなタイミング
♪幸せなら手をたたこう
♪涙くんさよなら
♪レットキス(ジェンカ)
♪世界の国からこんにちは

坂本九氏の歌は、子供から大人まで皆が楽しめるし、しみじみと平和で優しい気持ちにしてくれる様な気がする。
『上を向いて歩こう』や『見上げてごらん夜の星を』を聴くと、「さて、ひと頑張りしよか!」と言う気持ちになる。



2011-130:タイが発電施設を無料で貸与 - 2011.03.30 Wed

タイ政府は29日、東日本大震災による福島第一原発などの事故で電力不足に陥っている東京電力に、ガスタービン発電機2基を付属設備を含めて施設丸 ごと無料で貸し出すと発表した。1基で約450トン。2基で計24万4千キロワットを供給する能力があり、船で運んで8月中の稼働を目指す。

東京電力は今夏ピーク時の電力不足を総需要の2割弱の850万~900万キロワットと見積もっており、余剰設備がないかを国内外に打診。タイ政府がほぼ休眠状態だった非常時用のガスタービン発電機2基を貸し出すと申し出た。

1995年稼働開始の三菱重工製。貸出期間は3~5年で、吸気フィルターや排気ダクトなど付属設備も運ぶ。全体の設置面積は1基約1700平方メートル。設置場所は検討中という。施設の分解と輸送、再組み立てなどを経て稼働は8月ごろになる。

輸送作業を担当する三菱重工によると、発電機だけを運んで日本で付属設備をそろえるより短期間で稼働できる。これだけの規模の海外移送は「世界的にも聞いたことがない」(担当者)という。
 ワナラット・チャーンヌクン・エネルギー大臣は記者会見で「日本とタイは120年に及ぶ協力関係にあり、電力についても40年間にわたり提携してきた」と述べた。
(TBS News29日17:48)

__________


未曾有の大災害で世界中から援助の申し出があったが、まさか発電施設貸与の申し出は誰も想像しなかったのではないだろか。

しかも、全く使っていない発電施設ではないとの事で、ピーク時には稼働させている施設を5年間貸し出すと自国で不便が生じるかも知れないのに……。

そして、このニュースを聞いて、1993年の米騒動を思い出した。

記録的な冷夏で全国的に米不足となった為、日本政府が外国に緊急輸入を要請した。
その時、いち早く備蓄米を供給してくれたのがタイだった。
しかし、インディカ米にあまり馴染みがなかった日本では、やれ「美味しくない」だの、「カビが生えている」だの、「ネズミの屍骸入っていた」だのと(マスコミによる過剰報道もあって)必要以上に大騒ぎし、タイの好意で提供されたタイ米を、最後には産業廃棄物として処理した。(いま思い出しても腹が立つ!)

余談だが、この時、友人達に「インディカ米はピラフにすると美味しいよ」と言ったら、農家に嫁いだ知人に非国民呼ばわりされ「一生タイ米を食べてれば!」と言われた。(ねちっこく覚えている私って、かなり執念深いかも……。)
この例は極端だとしても、それに近い感覚を持っていた人が多かったのは事実だ。

こんな失礼な事をした日本に対し、再び援助の手を差し伸べてくれるタイはなんて素晴らしい国なのだろう!
「微笑みの国 タイ」には本当に感謝しないと!!

2011-129:都心で桜開花 - 2011.03.29 Tue

昨日、東京に桜の開花宣言が出された。

3月11日に起こったマグニチュード9と言う想定外の大地震や、岩手・宮城・福島に壊滅的ダメージを与えた大津波が自然なら、「今年も桜の季節になったんだ~」と多分日本人特有の気持ちにしてくれるのも自然。

自然の猛威に対し人間はなす術を持たないが、ダメージを受けた人間を癒してくれるのも自然。

早く桜前線が北上して、被災地の方達の心を少しでも癒して欲しいと思う。

110329都心で桜開花

2011-128:ブログ五周年 - 2011.03.29 Tue

2006年3月29日の深夜に「ブログを始める」をポチッとクリックしてから、今日で丸五年。

楽しかった事や、美味しかった物、頭に来た事etc.日々の生活の中での些細な事を書きなぐって来ました。
多分、今後も感情の赴くままに支離滅裂な記事の羅列になると思います……(汗)。

ブログを始めた時はDUOブログ、その後、DUOGATEがau oneに統合されてau oneブログになり、今年3月31日に閉鎖になります。
そのau oneブログ閉鎖に伴い、昨年末からこのFC2ブログのお世話になっています。

au oneブログ時代のブロ友さん達があっちこっちのブログサービスにバラバラになってしまったのは残念だけど、FC2ブログの使い勝手や雰囲気が気に入っているので、「どっかに行ってくれ」と言われるまでは(笑)ここに居座って、ダラダラとくだらない記事を乱発して行きたいと思っています。

今後とも宜しくお願い致します。


110329ブログ5周年

2011-127:東京電力の対応に呆れる - 2011.03.28 Mon

今回の地震発生以来、東京電力の発表はことごとく修正に次ぐ修正である。
確かに未曾有の大震災であったが、想定外の状況へ冷静さをもって速やかに対応すべき所を、管理能力と計画性の欠如や社内の大混乱を露呈するばかりである。


・24日、原子力発電所3号機のタービン建屋内で作業員3人が、水につかって作業をし、くるぶしから下を局所被曝。

・26日午前、「1号機でも表面で毎時200ミリシーベルトという高い放射線量を記録した水が、3号機の事故前の18日に見つかっていながら、現場に周知しなかった」「情報の共有に甘いところがあった。反省している」と謝罪。

・同日午後、「午前中に発表した様な線量の記録はなかった」と発表。水の危険性は把握できていなかったとの認識を示した上で、武藤栄副社長は「誤った情報を伝えてしまい、おわびしたい」と陳謝。


今回の被曝は、情報伝達の悪さと危機感の欠如による事故なのではないだろうか。

1号機で高い放射線量が測定された事をしっかり伝達し、作業員も万全の装備で作業に臨めば被曝事故は防げたのではないだろうか。

福島原発では東電や関連企業の職員の他に、自衛隊員や消防隊員が懸命に作業をしている。
命がけで作業している人達に現場の測定値が伝達されないとは一体どう言う事なのか。
東電は放射性物質をなめているのか、はたまた人命を軽んじているのか、どちらにしても許されざる行為だと思う。

また、記録に残っていない線量を会見で発表するとはどう言う事なのか。
会見後に記録を抹消したのか?と疑問をもたれても仕方がないだろう。




・27日昼、福島第1原発2号機のタービン建屋地下1階にたまった水から検出された放射性物質について、ヨウ素134が1立方センチ当たり29億ベクレルという超高濃度で検出され「通常の原子炉の水の約1千万倍の濃度」と発表。

・原子力安全委員会は「通常あり得ない物質の出方だ」などとして、東電に再分析を要求。

・同日の夜、「別の物質と取り違えた可能性がある」と訂正。コバルト56をヨウ素134と取り違えた可能性があるとの見方を示し、あらためて水を採取して分析すると発表。

・28日未明、「放射性物質はセシウム134などで、濃度は合計で約10万倍」と修正。


原子力安全委員会から再分析を求められるまで、東電はデータに疑問を持たなかったのだろうか。

なによりも、検出された放射性物質が「ヨウ素134」→「コバルト56」→「セシウム134」と二転三転するお粗末さには呆れ果てる。

人間誰しも間違える事はある。しかし、この杜撰さはその域を超越している。
枝野官房長官が「様々な安全確保のための大前提になるものなので、こうした間違いは決して許されるものではない」と言っていたが、まさにその通りである。
東電には事の重大さをしかと認識して頂きたい。


計画停電にしても、地震発生直後から「輪番停電を検討している」と発表していたにも関わらず、いざ実施となったら地域割りが未完成で、しかも社内でも正確な情報が伝達されていなかった様で、実施の数時間前に地域と時間帯を訂正している。

今回の大震災で原発がダメージを受けたのは致し方ないと思うが、その後の対応のお粗末さは許し難いものである。

原子力発電所を所有・管理している以上は、万が一の場合に備えて万全のマニュアルと指揮系統を徹底していて当然だと思うが、東電にはその欠片もなさそうだ。

それ以前に、企業としてあまりに杜撰すぎる事に驚かされる。

現在、福島原発について東電の手に余るのであれば、社外はもちろん場合によっては海外にも救いの手を求め、
一刻も早い収束を図るべきではないだろうか。

一連の東電の対応を見ていると、某航空会社の様に自分たちの会社は何があっても潰れないと暢気に構えていたのではないかと疑いたくなる。
もし倒産を免れたとしても、被曝事故を起こした会社として世界中に知れ渡っているし、株価は暴落してストップ安水準らしいし、信頼の回復には相当な覚悟が要るだろう。
なによりも企業体質の改善が早急の課題ではないだろうか。

まだまだ続くであろう計画停電をきっちり計画的に行えないのなら、管理能力に優れた第三者機関の介入も検討して頂きたいものである。


電力会社を選べるのなら東電とは絶縁したいが、それには引越すしかない事が腹立たしくもあり残念である。

2011-126:地震酔い - 2011.03.25 Fri

3月11日に起きた東日本大震災以来、頻繁にあった余震もかなり減って来た東京。
長野や千葉を震源とする地震も起こってるから不安は募るけど……。

元々が割と地震に敏感な方なのだが、最近は「揺れてる?」と思ったのに地震速報が出なくて「あれ???」ってなる事が度々ある。
どうやら揺れていないのに揺れている様な錯覚を起こす事がある様だ。

で、机上に水を入れたペットボトルを置いておくことにした。

110325地震酔い
揺れれば水が波打つし、大きな揺れで倒れても零れたり割れる心配がないからね(笑)。

「揺れてる?」って思う度にペットボトルを見ると、実際には揺れていない事が結構あって、
「ちょっと神経質になってるのかな~」と思っていたら、
今日、夕方のニュースで「地震酔いの症状が出ている人が急増している」と言っていた。

『地震酔い』とは、地震でもないのに揺れているようなめまいやふらつきなどを感じる症状。
三半規管で視覚情報と平衡感覚とのズレが生じ、自律神経が興奮することにより起こる。
長周期の地震を何度も経験すると起こるらしい。

今回の東日本大震災では、揺れの時間が長く余震も多いので、
地震酔いの症状を訴える人が急増しているとか。
余震に対する不安感も症状を強めるらしい。

取り敢えず、私だけじゃなかった事に一安心。
東京でさえ多くの人が地震酔いを訴えていると言うから、
東北の被災地ではどれ程の人達がこの症状に悩まされていることか……。

深呼吸をしたり、周囲の人と手を繋いだり、リラックスすると落ち着くとのこと。


では、深呼吸でもしてみようか!と思ったら、

ズシンッと揺れた(@_@)
余震か?いや、縦揺れだったから東京直下型地震が来たか?と慌てた。
ペットボトルの水も揺れてるし………。
が、しばし待ってもテレビ画面に地震速報が出ない。
「なんでーーーっ?」って思ったら、近所の家の解体作業だった。


余震と誘発地震に、数日間は解体工事の震動も加わるのか……(>_<)


“もらん”は大丈夫かな?と見てみると、
テレビに「○○で地震がありました」と地震速報(緊急地震速報じゃなくて地震速報ね!)が出る時の「ポン」って音を聞いただけで一目散に玄関に走って行った。


どっちもどっちだな……。

2011-125:節電は体力勝負 - 2011.03.24 Thu

東日本大震災発生後、節電のため暖房の使用を止めています。

ヒートテックの上にフリースやトレーナーを総動員(笑)。
それでも寒い時は、掛け布団を膝に掛けます。

すると、「ふかふか」と「ぬくぬく」大好き“もらん”がすかさずやって来て布団に潜り込みます。


110324節電は体力勝負-1
今夜は私の足の上で布団に包まってスヤスヤ……。


重いし、足が痺れるし、身動きが壗ならないので
「膝より下に潜ってくれない?」と言ってみますと、


110324節電は体力勝負-2
ちらっと目を開け、寝返りを打ち、更に上へと位置を変えました……(@_@)


“もらん”の重みに耐えかね、押し倒されました。
あたしゃリクライニングソファじゃないんだってば!!!


110324節電は体力勝負-3
当の“もらん”は気持ち良さそうな寝息を立てています……。



さて、どうしたものか……(・_・;)

2011-124:東京消防庁隊員への恫喝発言 - 2011.03.22 Tue

石原慎太郎・東京都知事が21日、首相官邸の菅直人首相を訪ね、東京消防庁による福島第一原発への放水作業に関連し、国の対応に抗議した。政府関係者が「速やかにやらなければ処分する」と同庁隊員に指示し、長時間放水した結果、放水車が壊れたなどとしている。都関係者によると、この政府関係者は海江田万里経済産業相という。海江田氏周辺は「そのような発言の事実はない」と否定している。
石原知事は菅首相と会談後、報道陣に「言う通りでなければ処分するなんて(言っても)、絶対に兵隊は動かない」と述べ、首相に抗議したことを明らかにした。
枝野幸男官房長官は21日夕の記者会見で「事実関係を把握した上で、善処が必要であれば政府として対応させていただく」と述べた。
東京消防庁によると、19日午後からの2回目の放水は当初、7時間の予定だったが13時間35分続いた。屈折放水塔車の排出ガス処理装置の警告灯が点灯し、3回目からは別の車両を使った。長時間の運転で、排ガス中の有害物質を減らす装置のフィルターにすすがたまった可能性があるという。
(2011年3月21日22時44分 asahi.net)

東京消防庁の福島第一原発への放水作業を巡り、海江田万里経済産業相が「速やかにやらなければ処分する」と隊員に発言したとされる問題について、海江田氏は22日午前の記者会見で、「私の発言で消防の方が不快な思いをされたとすれば、申し訳なく思っており、おわび申し上げる」と述べた。
海江田氏は「私が直接、現場と話したということではない。連絡員が入って(間接的に伝えられて)いる。事実の混同があり、いずれしっかりお話をさせていただく」とも述べ、発言について事実関係の詳細な説明は避けた。
東京消防庁の緊急消防援助隊は19、20の両日、福島第一原発で放水作業をした。「処分」発言には、石原慎太郎・東京都知事が21日、菅直人首相に抗議。枝野幸男官房長官が「事実関係を把握した上で、善処が必要であれば政府として対応させていただく」と話していた。
(2011年3月22日10時23分 asahi.net)

__________


命がけの作業をしている隊員に対して「速やかにやらなければ処分する」とは言語道断である。
このニュースを聞いた時には耳を疑ったわ………(怒)。

一夜明けて、海江田万里経済産業相が謝罪はしたが、「私の発言で消防の方が不快な思いをされたとすれば、申し訳なく思っており、おわび申し上げる」である。
「不快な思いをされたとすれば、」って……。
不快な思いをしなかったのは言った本人達だけであろう。

処分されるべきなのは、東京消防庁隊員ではなく、(クリーニングしたての?)皺一つない青いジャンパーを着て「わたし国民の為に一生懸命働いてます」アピールをしている(つもりらしい)永田町・霞ヶ関方面の方々である!と私は思う。

この発言が、現政府の本音・本質の現れでないことを祈りたい。

2011-123:首都圏買い占め騒動の余波 - 2011.03.21 Mon

3月11日の東北地方太平洋沖地震発生直後から首都圏では食糧やトイレットペーパー等が買い占められ、スーパーやコンビニ等の店頭から商品がなくなった。

そして、首都圏の品薄状態は全国に報道され、政府は買い占めを止める様に呼びかけた。

この買い占めは、根拠のない危機感からの愚行であり、都内に物資が無くなった訳ではない。
停電等で工場が操業できていないメーカーの商品は確かに品薄になっているが、それはごく一部である。

店頭の陳列棚に商品がない状態が危機感を煽ったのか、
地震や停電など日常と違う状況にパニック気味になったのか、一時的に買い占めが行われていた。

で、その品薄報道を見た関西在住の友人が心配してメールを送って来た。
幼稚園時代からの長い付き合いで、「もらぽんの言う事は話半分で聞くべし」と学習している友人は、
私の「大丈夫だから!全然心配ないから!」と言う返信も話半分に受け取った様で、
翌日にはカップ麺やお餅、紙コップ等々が入った段ボール箱が届いた。

「本当に大丈夫だから心配しない様に!」「品不足に陥っている訳じゃないから!」と書き添えたお礼メールを送ったら、「通常通りに配達されているようだから」と翌日には野菜や果物が送られて来た。

気の良い友人は、自身が阪神淡路大震災を経験している事もあり、
大慌てで買い物に行き発送してくれたらしい。
申し訳ない………。

マスコミが「首都圏で買い占め!」と大々的に報道すると言う事は、
「東京都民はおバカでござる」と宣伝している様なものである。
恥ずかしいったらありゃしない……(汗)。

また、この愚行に対し、蓮舫消費者担当大臣が都内のコンビニとスーパーに視察に行くと言うパフォーマンスを行った。
永田町から江東区木場のスーパーまで歩いたとは思えない。
ガソリンの節約を声高に呼びかけている時にガソリンを使って意味のない視察ですか(怒)。
わざわざ視察に行く意味からして理解出来ない!
この非常時、節電啓発大臣としてやるべき事は山ほどあるだろうに……。

視察と言えば、今日予定されていた菅総理の現地視察が天候不良の為に中止されたらしい。
この程度の雨で中止する様な視察なら行かなくて良い。
菅総理が現地に行った所で政府の対応が良くなる訳でもなさそうだし、
総理の視察に使われる機材や人手、費用等を救援物資に使った方が遥かに良いと思う。

未だ、交通網が遮断され、ライフラインが断たれたままの被災地では、
乳幼児らが避難先で餓死寸前だと言う話も聞く。

そう言う、民間ボランティアが入れない場所へこそ政府が動くべきではないだろうか。
陸路がダメなら空路で物資を運べないのだろうか……。

国民へのメッセージすら自分の言葉で述べず、原稿を読む事に必死になる様な総理に、
リーダーシップや危機管理を期待する方が無理なのは百も承知だが、
政府の舵取りのタイミング一つで被害が倍増することもあり得る。

政府の対応が後手に回って救済が遅れる事により、助かる筈の命が失われる様な事になれば、
これは人災と言えるかも知れない。

くだらないパフォーマンスなどせず、こう言う非常時くらいは真剣にやるべき事をやって頂きたいものである。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

*もらぽん*

Author:*もらぽん*
相棒犬「もらん」のずっこけた日々と、食いしん坊な私のだらけた日々の記録です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

コメントBOX (1)
ご一読下さい (218)
恒河沙だより (16)
ごあいさつ (10)
ニュースなど (94)
東日本大震災 (89)
平成28年 熊本地震 (6)
当ブログについて (3)
相棒"もらん" (658)
もらん・2010 (10)
もらん・2011 (72)
もらん・2012 (92)
もらん・2013 (106)
もらん・2014 (122)
もらん・2015 (82)
もらん・2016 (107)
もらん・2017 (58)
のんのんデス (9)
食こそ我が人生 (804)
今日のごはん (318)
甘味は別腹… (203)
今日の肴は… (193)
手作りの食材 (74)
もやし栽培 (10)
手作り大好き (27)
布小物 (1)
ビーズアクセ (3)
編み物 (2)
草木染め (13)
ちょっと工作 (1)
デコパージュ (1)
メイクパレット (6)
お出掛け日記 (106)
ちょっと其処まで (69)
旅の思い出 (37)
私のお気に入り達 (75)
我が家の器達 (11)
大事な道具達 (19)
携帯電話の事 (27)
推薦したい本 (4)
好きな音楽 (6)
食玩たち (8)
リフォーム (1)
種々雑多な事 (292)
花や草や木や (13)
魚や虫や動物や (9)
ちょっと雑学 (28)
TVのあれこれ (10)
たまには映画 (11)
ゲームを少々 (2)
au oneブログ (4)
Macintosh (17)
諸々のこと (195)
方言いろいろ (3)
昔ばなし (12)
昭和は遠くなりにけり (7)
あぁ、勘違い (5)
只今準備中 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

電力の使用状況

1時間ごとの東京電力の電気使用状況と、ピーク時供給力に対する現在の使用量の割合。

「120万人署名」実施中!

WWF Japanが「エネルギー基本計画を変えよう!」をスローガンに120万人署名を実施中。

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: