topimage

2017-04

2017-101:飼犬死亡届 - 2017.04.14 Fri

“もらん”が亡くなって半月以上が経ち、死亡届を出していないことに気付いた。

死亡届を出さなければいけない事は知っていたけれど、具体的な手続きが判らない。
そこで、ネットで検索したところ、どうやらネットでも届け出ることが出来るらしい。

と言う事で、ネットで“もらん”の死亡届を申請。

170415 飼犬死亡届

死亡届が飼い主として最後の作業になるのかな…。
ネット申請だったけど、何となく「亡くなったんだな…」と改めてしみじみ。


スポンサーサイト

2017-097:淡墨の桜 - 2017.04.07 Fri

“もらん”の通院が始まった日、東京に開花宣言が出された。
その後、目の前の事で一杯一杯になっている内に満開になったらしい。

お散歩の度に「今日はあそこの桜」「今日はこっちの桜」と、公園や神社の桜を巡るのが恒例だった。
狂犬病予防接種で獣医さんに行き、帰りは遠回りして川沿いの遊歩道をお花見しながら帰って来るのが、この時期の楽しみだった。
毎年、桜の開花状況と天気予報をチェックして獣医さんに行く日を決め、予防接種と桜のどちらがメインなのか判らない感じだった。

でも、今年は桜が咲いたことにさえ気付かなかった。
気付いたところで桜を巡る気にはならないけど、今日は“もらん”に『淡墨の桜』と言うお線香をあげ、一緒にお花見したつもりに…。
このお線香『特選淡墨の桜』は、先日“もらん”の仏具を買った時に仏具屋さんから頂いたもの。

170407 淡墨の桜-1
日本香堂の『特選淡墨の桜』
 「さくらは幸福の花。私は桜が大好きです。」 ― 宇野千代
 岐阜県根尾村(現・本巣市)に爛漫と春を告げる樹齢千五百年の桜があります。
 その名は「淡墨(うすずみ)の桜」。
 奇跡のように樹齢を重ねたその桜は、継体天皇お手植えの桜と伝えられています。
 いまに朽ち果てようとしていた「淡墨の桜」。
 その老桜を救うために奔走したのは、宇野千代でした。
 見事に蘇生した「淡墨桜」は、「日本三大桜」となりました。
 悠久の時を生きた「淡墨の桜」。
 その奥深く上品な姿、美しさを想い、創り上げたお線香です。
(日本香堂HPより抜粋)

170407 淡墨の桜-2
ほのかに甘い感じの香りは、強すぎず弱すぎず良い按配。

2017-096:闘病日記《番外編:03月29日》 - 2017.04.04 Tue

29日13:30 霊園からの迎えの車が着く。
2階の玄関から“もらん”を運ぶのに、担当者がどうしたら良いのか判らず「どうしましょう?」とオロオロする。

*ラブラドールで、体重16kgで、脚を伸ばした状態だと伝えてあったのに?
*ブチ切れて「私が抱いて運びます!」と言いたかったけど、
 “もらん”の生涯を終える時にギャーギャー騒ぐのもどうかと思い、グッと堪える。


結局、敷いてあったシーツごと二人(担当者と私)で持って運ぶ。

休暇を取って飛んで来てくれた妹も一緒に霊園へ。

14:20 霊園に到着

*火葬場の入り口に、人間の葬儀の様に『〇〇家』と書かれた立看板が立てられていたのが印象的。

火葬場の手前にある御会葬所に“もらん”を安置
祭壇に飾る写真を持って来るのを忘れた事に気付くが後の祭り。
御会葬所にある祭壇の両脇に沢山の花々(造花だけど)が飾られ、祭壇にはペットフードが供えてある。

  170404 闘病日記《番外編:03月29日》-1
この後、持参したお花とフードとトリーツを“もらん”の周りに飾る。

170404 闘病日記《番外編:03月29日》-2

170404 闘病日記《番外編:03月29日》-3

14:30 火入れ

*“もらん”を炉に入れる時になって初めて涙がこぼれる。
*「止めます!火葬しないで!」と言いたい衝動を必死に堪える。


16:15 お骨上げ
    ・脚の骨は人間の葬儀と同様に二人で箸渡しで収骨
    ・残りのお骨は一人ずつ別々に収骨

*係の方が、お骨を生前の形に綺麗に並べて、それぞれの部位を説明してくれる。
*尻尾の先にあんな小さな骨(直径1mm、長さ15mmくらい)があったなんてビックリ。


全てのお骨を骨壷に収め、霊園の車で帰宅

*成人用の骨壷とほぼ同サイズの骨壷に収まった“もらん”は意外とずっしり重かった
*担当者に「皆さんどれくらいの時期に納骨されるんですか?」と尋ねたら
 「四十九日に納骨される方もいらっしゃいますが、数年間ご自宅に置いて、
 気持ちの整理が着いてから納骨される方が多いです」との答え。
*お骨をいつまでも家に置いておくのは良くないと思うけど、
 無理やり四十九日に納骨しなくても良いんだと判り、すーっと気が楽になる。


【余談】
28日の午前中に深大寺動物霊園に電話して、29日の火葬(10:30迎え、11:30火入れ)の予約。
28日の夜に霊園から「送迎車が1台故障したので、明日の火葬の時刻を変更して欲しい」と電話が入る。

えっ?そんな事ってあるの?
送迎車の故障って……(笑)

最後の最後まで、“もらん”らしくずっこけた締め括りとなった。

2017-095:闘病日記《其の10:03月28日》 - 2017.04.04 Tue

03:30 眠っていた“もらん”が突然嘔吐く → 無色透明の液を少量吐く
    ・口の周りを拭き、枕がわりにしていたタオルを交換
    ・その後スヤスヤ寝る

170404 闘病日記《其の10:03:28》


07:30 突然に目が覚め“もらん”の様子を伺う
    ・身体は暖かいが息をしていない

*唐突に目が覚めたのは虫の知らせなのか?“もらん”が起こしてくれたのか?
*事態を冷静に捉えられず、2〜3時間を呆然と過ごす
*現実を受け入れられないまま、花を買いに行く
*帰宅時、“もらん”が息をしている様に見えたので確認するが、冷たくなっていた
*冷静になろうと思うものの、ふわふわと漂っている感覚で全く現実感がない
*「本当は死んでないんじゃないの?ただ無呼吸になってるだけなんじゃないの?」と
 有り得ない事を思う
*お昼前にペット霊園に電話して、29日10:30迎え11:30火入れを予約
*仲良くして貰っていた犬友さん達に連絡しようとメールを入力するが、
 上手く文章が出て来ず何度も入力と削除を繰り返した挙句にメール作成を諦める
*とにかく落ち着こうと思ってコンビニに飲み物を買いに行った時、偶然ご近所の犬友さんに会い、
 “もらん”が亡くなった事とメールを送れなかった事を伝える
*夕刻、“もらん”の訃報を知った犬友さん達が次々にお花を持ってお別れに来てくれる
*犬友さん達が涙ぐんでお別れをしてくれる姿を見て、「“もらん”は幸せ者だ」としみじみ思う
*獣医さんの昼の診察時間が終わる頃に何度か電話するが忙しいらしく出ないので、
 夜の診察時間に改めて電話する
*獣医さんも驚いた様子で「もう少し保つと思ったのに…」と言われる

2017-094:闘病日記《其の9:03月27日》 - 2017.04.03 Mon

01:30 排便(真黒で硬い、通常の1/2程度の量)

終日  息が荒い
    意識が朦朧として、反応が鈍い

16:11 薄茶色い液を嘔吐(少量)

19:30 ペットタクシーで病院へ
    ・熱=39.8度
    ・体重=15.9kg
    ・炎症を抑える為にステロイドを注射
    ・解熱の為の抗生物質を注射
    ・食事が出来ないのでビタミンB群を加えた輸液
    ・1週間治療を続けたけれど症状に変化なし
    ・瞳孔反射=微弱
    ・食事と水を摂れないので、しばらく治療を続けながら様子を見ることに
    ・体重減少による体力の低下と口から栄養を摂れていないことから、保って1週間との診断

    この先1週間の通院の為のペットタクシーを予約

闘病日記《其の9:03:27》
水分=50ml

    この1週間の体重推移
    170403 闘病日記《其の9:03/27》-2


*恐れていた余命宣告
*誰が見ても容態が悪いのは一目瞭然
*夜、“もらん”を抱きかかえて寝ながら「よく頑張ったね。もう無理しなくて良いんだよ。
 辛かったら頑張らないくて良いんだよ」と言葉を掛ける

2017-093:闘病日記《その8:03月26日》 - 2017.04.03 Mon

    寝起きからずっと朦朧とした感じ

10:00 ペットタクシーで病院へ
    ・休診日だけれど、治療を休まない方が良いからと予約外来で診てもらえる
    ・熱=40.0度
    ・体重=16.5kg
    ・炎症を抑える為にステロイドを注射
    ・解熱の為の抗生物質を注射
    ・食事が出来ないのでビタミンB群を加えた輸液

    水分を摂りたがらない
    水を飲み込む時に大きく頭を振る(嚥下がし難いのか?)

闘病日記《其の8:03:26》
水分=50ml(水、乳幼児用ポカリスエット、核酸、りんご果汁)

*素人目に見ても、前日と比べて明らかに状態が良くない
*低気圧の影響だと思いたい

2017-092:闘病日記《其の7:03月25日》 - 2017.04.03 Mon

06:30 すごく息が荒いので検温 → 熱=41.9度、呼吸=78回/min.
    ・脚の付け根に冷えピタ
    ・首と全身を濡れタオルでクーリング
    ・水分=50ml

    *ほぼ42度と言う高熱に慌てる
    *早朝のコンビニに飛び込んで冷えピタを買う
    *徒歩10秒の所にコンビニがあって良かったと心底思う


07:30 ・熱=40.6度、呼吸=44/min
    ・水分=少量
    ・脚の付け根に冷えピタ
    ・首と全身を濡れタオルでクーリング

08:00 ・冷えピタが直ぐに熱くなってしまうので、濡れタオルに変更
    ・水分=50ml

08:30 ・熱=41.1度、呼吸=35/min
    ・水分=少量
    ・首、全身、脚の付け根を濡れタオルでクーリング

10:00 ペットタクシーで病院へ
    ・熱=38.6度
    ・体重=16.8kg
    ・炎症を抑える為にステロイドを注射
    ・解熱の為の抗生物質を注射
    ・食事が出来ないのでビタミンB群を加えた輸液

16:30 ・熱=41.4度、呼吸=53/min

20:00 ・熱=40.7度、呼吸=40/min

    *解熱と脱水予防に水分を摂らせたいが、殆ど受け付けない
    *色々と態勢を変えて水を飲ませようと試みるも効果なし
    *息が荒く苦しそうな様子を見ている事しか出来ないのは辛い


闘病日記《其の7:03:25》
水分=100ml(水、乳幼児用ポカリスエット、核酸)

2017-091:闘病日記《其の6:03月24日》 - 2017.04.03 Mon

終日ぼんやりとした感じ
リハビリをしても話しかけても反応が今ひとつ

18:00 ペットタクシーで病院へ
    ・体重=17.1kg
    ・熱=39.2度
    ・炎症を抑える為にステロイドを注射
    ・解熱の為の抗生物質を注射
    ・食事が出来ないのでビタミンB群を加えた輸液

    *診察後、先生に「どうなんでしょう?」と聞くと、
     「1週間治療を続けてみましょう。まだ半分ですから…」と言われ、
     他に言い様がない状況なのだろうと察する。
    *奇跡が起こることを願う


03:24
水分:150ml(水、乳幼児用ポカリスエット、核酸)

2017-090:闘病日記《其の5:03月23日》 - 2017.04.02 Sun

明け方 何度も立ち上がろうとする → その都度だき抱えて立たせるが、脚に全く力が入らない様子
    後脚にナックリング

09:00 起床
    目に力があり、すっきりとした表情

    四肢のリハビリをすると、左前脚を直ぐに突っ張る
    後脚は力無くされるがままな感じ

12:00 午前中はハッキリしていたが目が虚ろになる

    四肢共にナックリング

    擦りおろした林檎を口元に持っていくが、全く食べようとしない
    擦りおろし林檎を絞った果汁を飲ませようとするも拒否される

    *水分補給がままならず脱水症状になるのではないかと心配
    *「乳幼児用ポカリスエットは犬の体液の浸透圧に近い」と聞いたことがあったので、
     乳幼児用ポカリスエットを購入


19:00 ペットタクシーで病院へ
    ・診察中の患畜さんの治療が終わるまで車中で待つ
    ・体重=17.5kg
    ・熱=38.6度
    ・炎症を抑える為にステロイドを注射
    ・解熱の為の抗生物質を注射
    ・食事が出来ないのでビタミンB群を加えた輸液

    *ネットショップに注文したエアマットが届き早速使ってみる
    *使い心地は悪くなさそうな様子


170402 闘病日記《其の5:03:23》-1
意識がクリアな時は、肢体麻痺に戸惑っているのか時折情けなさそうな表情を見せる
「ゆっくり頑張ろう!」と声を掛ける事しか出来ないのが何とももどかしく、己の非力を思い知る
精一杯頑張っている“もらん”に「頑張れ!」とは言いたくないので、「一緒に頑張ろう!」と言い続ける


170402 闘病日記《其の5:03:23》
水分:300ml(水、乳幼児用ポカリスエット)

2017-089:闘病日記《其の4:03月22日》 - 2017.04.02 Sun

06:00 しきりに動こうとするので寝返りを打たせる→大人しく寝る

09:00 ペットタクシーで病院へ
    ・体重=18.2kg
    ・熱=39.0度
    ・炎症を抑える為にステロイドを注射
    ・解熱の為の抗生物質を注射
    ・食事が出来ないのでビタミンB群を加えた輸液

170402 闘病日記《其の4:03:22》-1

    意識が比較的ハッキリとした感じ
    目に力があり、話し掛けると判っている様子
    水を飲ませる→飲みたくない時は歯を食いしばって拒否する

170402 闘病日記《其の4:03:22》-2

    *体温計を持っていなかったので、“もらん”がうとうと寝ている間に薬局に行き購入

15:55 目が虚ろで息が荒い → 検温 → 体温40.6度

    立ち上がろうとする → 抱えて立たせる → 排尿(色が濃い)

170402 闘病日記《其の4:03:22》-3
四肢を動かして立ち上がろうとするけれど立ち上がれず、頭を持ち上げる
頭を持ち上げる高さが日増しに高くなり、この日は約30cm


170402 闘病日記《其の4:03:22》-3
水分:250ml(水、飲むヨーグルト、りんご果汁)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

*もらぽん*

Author:*もらぽん*
相棒犬「もらん」のずっこけた日々と、食いしん坊な私のだらけた日々の記録です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

コメントBOX (1)
ご一読下さい (217)
恒河沙だより (16)
ごあいさつ (10)
ニュースなど (93)
東日本大震災 (89)
平成28年 熊本地震 (6)
当ブログについて (3)
相棒"もらん" (656)
もらん・2010 (10)
もらん・2011 (72)
もらん・2012 (92)
もらん・2013 (106)
もらん・2014 (122)
もらん・2015 (82)
もらん・2016 (107)
もらん・2017 (57)
のんのんデス (8)
食こそ我が人生 (802)
今日のごはん (316)
甘味は別腹… (203)
今日の肴は… (193)
手作りの食材 (74)
もやし栽培 (10)
手作り大好き (27)
布小物 (1)
ビーズアクセ (3)
編み物 (2)
草木染め (13)
ちょっと工作 (1)
デコパージュ (1)
メイクパレット (6)
お出掛け日記 (104)
ちょっと其処まで (67)
旅の思い出 (37)
私のお気に入り達 (75)
我が家の器達 (11)
大事な道具達 (19)
携帯電話の事 (27)
推薦したい本 (4)
好きな音楽 (6)
食玩たち (8)
リフォーム (1)
種々雑多な事 (292)
花や草や木や (13)
魚や虫や動物や (9)
ちょっと雑学 (28)
TVのあれこれ (10)
たまには映画 (11)
ゲームを少々 (2)
au oneブログ (4)
Macintosh (17)
諸々のこと (195)
方言いろいろ (3)
昔ばなし (12)
昭和は遠くなりにけり (7)
あぁ、勘違い (5)
只今準備中 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

電力の使用状況

1時間ごとの東京電力の電気使用状況と、ピーク時供給力に対する現在の使用量の割合。

「120万人署名」実施中!

WWF Japanが「エネルギー基本計画を変えよう!」をスローガンに120万人署名を実施中。

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: