topimage

2017-06

2017-115:お暑うございます - 2017.05.21 Sun

昨日に引き続き暑いっ!
上空に暖気が流れ込んでる為に気温が上がっているらしい。

170521 お暑うございます
12:00の時点で全国で82地点が真夏日を記録。
(画像:Wethernewsより)

群馬県館林市では15:03に35.3度を観測、全国で今年初の猛暑日を記録。
都心でも12:48に30.3度を観測し、今年初の真夏日。

まだ5月なのに、真夏日だの猛暑日だのって……。
初夏の域をドーンと超越し、梅雨をすっ飛ばして、真夏!!!

真夏日になるわ、光化学スモッグ注意報が出されるわ、すっかり盛夏な今日の東京。
爽やかな初夏は何処へやら……。
スポンサーサイト

2017-032:東京で20度 - 2017.01.30 Mon

各地で1月の最高気温更新…大田区は21.1度

南から暖かい空気が流れ込んだ影響で、30日は西日本から東北南部にかけて季節外れの陽気となった。

気象庁によると、全国の25観測地点で1月の観測史上最高を更新。
所によって5月下旬並みの気温となった。

同庁によると、30日の最高気温は、東京都大田区21.1度、静岡県富士市20.5度、三重県熊野市19.2度、栃木県小山市18.6度など。
千葉県銚子市は20.4度となり、5月下旬並みの気温だった。

31日は日本付近が冬型の気圧配置となる影響で、北風が強まり、全国的に冬の寒さに戻るという。
(YOMIURI ONLINE 2017年01月30日 19時25分)
__________

今日の東京は、南風と日差しでポカポカ陽気。

170130 東京で20度

お昼過ぎ、お散歩に行きたそうな様子の“もらん”に
「お散歩はもう少し気温が下がってからね!」と…。
寒の内に言うセリフじゃないけど……(-_- ;)

桜が咲きそうな暖かさで、過ごし易い云々を通り越して、
「どうしちゃったの?」と不気味にさえ思う。

明日は10度も下がるらしい。
大寒波が来たり、四月並みの陽気になったり、寒暖の差が激し過ぎる昨今。
異常気象が異常じゃなくなりつつあるのかな?
暑いなら暑い、寒いなら寒いで安定して頂きたいものだ。

2017-015:『DASH村』再生 - 2017.01.13 Fri

「DASH村」再生!復興の柱に 祈念館や体験農園を構想

「DASH村」を再生し、帰還困難区域復興の柱の一つに―。
高木陽介経済産業副大臣は11日、人気グループ「TOKIO」のメンバーが震災前、テレビ番組の企画で浪江町津島地区の里山を開墾した「DASH村」の復興計画に着手する意向を示した。
5年後をめどに、復興祈念館や体験農園のような形での再生を目指す。
高木氏は帰還困難区域内にある「DASH村」の再生を通し、同区域の復興の姿を広く発信したい考え。
DASH村の復興計画について近く県や町、関係機関に打診し、検討を始める。

高木氏は福島民友新聞社の取材に、政府が帰還困難区域への「特定復興拠点」の整備などを盛り込んだ福島復興再生特別措置法の改正案を今月召集の通常国会に提出することなどを踏まえ「帰還困難区域の解除に向けて一歩踏み出して前進する中、DASH村の復興に向けた手だてがあるのではないかということについて協議を始めたい。
帰還困難区域の復興の大きな柱にできないかと考えている」と話した。

高木氏の考えに、住民からはさまざまな声が上がっている。
DASH村の企画に長年協力してきた浪江町議の三瓶宝次(ほうじ)さん(80)は「DASH村の再生はきっと復興を後押ししてくれるはず」と力を込める。
当初から自らの土地を提供し、農具の手配や農作業の進め方などを指導した。
「TOKIOなどのおかげで、(DASH村は)想像していた以上に全国的に有名になった」と三瓶さん。
福島市に避難しながら、DASH村については田畑の草刈りや有害鳥獣対策など、現地施設周辺の管理に努めている。
(福島民友新聞 2017年01月12日 08時00分)
__________

『鉄腕DASH』が好きで深夜枠の頃から見ていたし、中でも『DASH村』の企画が好きだった。
その『DASH村』が再生され、福島の復興再生の拠点になるのは喜ばしい事だと思う。
けれど、今回の再生案には政治利用の一面が否めないので、手放しで喜ぶ気にはなれない。
政府としてやるべき手法や行政にしか出来ない事がまだあるのではないか?
『DASH村』はTOKIOと地元の方達の素朴な交流の元に成立した企画だったのに、そこに税金を投入して政府のパフォーマンスに利用されるのだとしたら、それは賛成いたしかねる。
はてさて、どうなることやら…。

2016-261:茨城県で震度6弱 - 2016.12.28 Wed

161228 茨城県で震度6弱

発生時刻:2016年12月28日 21時38分頃
震 源 地 :茨城県北部(北緯 36.7度、東経 140.6度)
最大震度:震度6弱
震  源:マグニチュード=M6.3、深さ=約11km

震度6弱:茨城県高萩市
震度5強:茨城県日立市
震度5弱:茨城県常陸太田市
__________

東京は震度3。
気象庁は記者会見で東日本大地震の余震と説明。
今後一週間は同規模の地震が起こる可能性を示唆。

揺れ始めは「あれ?揺れてる?気のせい?」と言った感じだったけど、
徐々にユラユラとした横揺れが強くなったので、万が一の場合を考えて“もらん”にハーネスを装着。
その“もらん”は、以前は震度1でもビクッと反応していたのに、最近は全然地震に気付かない。
今夜も全く気付かず寝ていたのでガバッと抱き上げて立たせたら、「眠いんですけど…」と言わんばかりに抵抗。
“もらん”一人で留守番中に地震が来たら大丈夫なのか?

2016-254:糸魚川大規模火災 - 2016.12.23 Fri

「風強く、どんどん飛び火して…」 糸魚川の大規模火災

料理店付近から上がった炎は強い南風にあおられて次々に燃え広がり、木造住宅が密集する中心街は火に包まれた。
新潟県糸魚川市で22日、約140棟が延焼した火災は、東日本大震災を除いて、過去20年で国内最多の焼損棟数となった。
避難所に身を寄せた人々は、震える夜を過ごした。

1161223 糸魚川大規模火災-1
  22日15:02

1161223 糸魚川大規模火災-2
  22日16:57

新潟県糸魚川市で大規模火災 140棟延焼、避難勧告も
火災は火元から北へ約300m、東西約250mにわたって燃え広がった。
糸魚川市消防本部によると、午前10時28分に119番通報があり、7分後には消防車が到着。
当初は6台で消火にあたった。
消防士らは火元の火の勢いを抑えようとしたが、狭い道も多く、住宅密集地でもあるため、放水作業ができる箇所が限られていたという。
小野浩・消防防災課長は「風が強く、どんどん飛び火して、消火作業が追いつかなかった」と説明する。
1161223 糸魚川大規模火災-3

当時、日本海の低気圧に向かって強い南風が吹いていた。
気象庁によると、糸魚川市では午前10時過ぎに14.2mの最大風速を記録し、最大瞬間風速は正午すぎに24.2mに達した。
この強風で「フェーン現象」が起きたと気象庁はみる。
山を越えた風が日本海側に吹き下ろす際、空気が乾いて気温が上がる現象だ。
糸魚川市では正午までに20度近くまで気温が上昇。
隣の上越市では湿度が40%台と乾いていた。
1161223 糸魚川大規模火災-4

現場付近は商業地域に指定され、建ぺい率や容積率が住宅地より高く、木造の建物が密集する要因にもなっていた。
準防火地域でもあり、耐火性を高めなければならない防火地域より規制が緩かった。

同消防本部は通報から1時間半後の正午に近隣消防に支援を求め、午後0時半に新潟県に連絡した。
県内と富山県の計18の消防本部が応援に加わったが、火勢は夜まで衰えなかった。
消火活動が長引き、企業の生コン車や国土交通省の散水車も集めて水を補給した。

総務省消防庁の担当者は「現場に到着した消防隊は真っ先に火元から周辺への延焼防止にかかる。今回はそれを上回る状況だったかもしれない」と話す。
火災の規模と比べて、けが人が少ないとみられる点については「昼間の火災で周囲の住民が早く気づき、避難ができたのでは。夜に起きていれば、人的被害が増えた恐れがある」とみている。
(朝日新聞 2016年12月22日23時32分)
__________

延焼150棟・4万平方メートルと発表 糸魚川の火災

新潟県糸魚川市の中心部で起きた大規模火災で、市災害対策本部は23日午前8時現在、焼けた住宅や商店などは約150棟に上ると発表した。
22日よりも10棟増えた。
一方、約7万5千平方mとしていた延焼の恐れのある範囲を改めて確認したところ、実際に焼けたのは約4万平方mだったと明らかにした。

市は、被災した人の相談窓口も準備が整い次第設置する。
上刈会館、ヒスイ王国館の2カ所で、住宅再建や事業の再開、健康面などの相談を受け付けるという。
(朝日新聞 2016年12月23日10時25分)
__________

100m先に飛び火、強い南風で…消防士証言

昼前に発生した火災は折からの南風で見る間に広がった。
新潟県糸魚川市のJR糸魚川駅前の市街地で22日起きた大火は、古い町並みをなめ尽くすように約75000平方mを焼き、10時間以上たった午後9時前にほぼ消し止められた。

現場は雪よけのためのひさし「雁木(がんぎ)」が連なる市の中心部で、木造の商店や住宅が密集している。

消防士によると、ラーメン店は隣接店との間に隙間がなく、多方向からの放水が難しかった。
現場到着時には、火は既に他の建物にも広がっていた。
延焼を防ごうと1時間ほど消火活動をしていると、消防団員が「向こうでも煙が出た」と走ってきた。
現場からそれぞれ北西と北東に100mほど離れた2カ所の建物からほぼ同時に出火。
間の建物が無事だったことなどから屋根に飛び火したとみられる。

消防団に放水を依頼したが、下から屋根の火を消すのは難しく、火は屋内に侵入した。
こうした飛び火がこの後も続いたという。

国土交通省によると、各地の木造密集地について、燃え広がりやすさなどを基準に「地震時等に著しく危険な密集市街地」が指定されている。
今年3月末時点で16都府県で約4400haに上るが、東京都など大都市が中心で新潟県には指定地区はない。
ただ、糸魚川市史によると、今回火災があった大町周辺では1928(昭和3)年に105棟を、西側にある横町では1932(同7)年に380棟を全半焼する火災が発生。
たびたび大きな火災に見舞われた地域だ。

22日は、日本海に低気圧が発達し、北陸地方や北日本で強い風が吹き荒れた。
新潟地方気象台によると、糸魚川市周辺で低気圧に向かって南風が強まり、同市に午前5時過ぎから強風注意報が出ていた。
正午過ぎに最大瞬間風速24.2mを観測した。
(毎日新聞 最終更新 12月23日 01時36分)



2016-230:東京で初雪 - 2016.11.24 Thu

都心で観測、11月初 初雪は54年ぶり

1月上旬並みの寒気が流れ込んだ影響で24日、東京都心など、関東・甲信地方の各地で初雪、積雪が観測された。
気象庁によると、都心では午前6時15分ごろに初雪を観測、午前11時に積雪を確認した。

11月の積雪は1875(明治8)年の統計開始以来初めて。
初雪は1962(昭和37)年11月22日以来、54年ぶりで、9番目の早さだった。
都心の気温も午前9時すぎに0.9度と今季最低を記録した。
水戸▽宇都宮▽前橋▽埼玉県熊谷▽横浜▽甲府--などの各市でも初雪が観測された。

南岸低気圧に冷気ぶつかる

気象庁によると、東京都心で11月に雪が積もった原因は、気圧の変化などに伴って北極圏の冷たい空気が定期的に放出と滞留を繰り返す「北極振動」と呼ばれる気象現象が発生しているためという。

北極振動で放出された冷気が、11月初旬以降に発達したシベリア高気圧によって日本列島に向かって南に押し出され、東京上空(高度1500m)の気温は24日朝には、1月上旬並みの氷点下3度まで下がった。
この冷気が、湿った空気を含んで太平洋を東進していた南岸低気圧とぶつかり、関東地方などに異例の雪を降らせた。
北極振動で冷気が放出されず、上空の気温が下がっていなければ降雨となった可能性が高かったといい、気象庁気候情報課は「極めて珍しいケース」としている。

(毎日新聞 2016年11月24日 東京夕刊)
__________

雪で41人ケガ JR線は一部見合わせ続く

24日に降った雪の影響で、首都圏では今も一部区間で、運転を見合わせている路線がある。
また、転倒事故が相次ぎ、少なくとも41人がケガをしている。

東京消防庁によると、都内では小平市の40代の男性が転倒し右手首を骨折するなど、9人がケガをして病院に搬送された。
また、さいたま市でバイクに乗っていた40歳男性がスリップして転倒、全身を強く打つなど、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、群馬で少なくとも41人がケガをしている。

交通への影響。首都圏のJR線は八高線で木の枝が架線の近くに垂れ下がり、拝島と高麗川の間で運転を見合わせているほか、久留里線も一部区間で運転を見合わせている。新幹線や空の便は大きな乱れはなく、高速道路も通行止めの区間はない。

(日本テレビ系(NNN) 11/24(木) 17:05配信)

2016-227:福島沖地震 - 2016.11.22 Tue

<福島沖地震>M7.4 阪神や熊本上回る

22日午前5時59分ごろ、福島、茨城、栃木の3県で震度5弱の地震があった。
仙台市の仙台港で140cm、東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)で100cm、相馬市で90cm、石巻市鮎川と岩手県の久慈港で80cmの津波を観測した。
福島第2原発(福島県富岡町、楢葉町)では3号機の使用済み核燃料プールの冷却設備が一時停止した。

気象庁によると、震源地は福島県沖で、震源の深さは約25キロ。
地震の規模はマグニチュード(M)7.4と推定され、東日本大震災の余震とみられる。
マグニチュードの規模はM7.3の阪神大震災や熊本地震を上回った。

気象庁は福島、宮城両県に津波警報、青森、岩手、茨城、千葉の各県に津波注意報を出し、午後1時前に全て解除した。
140cmの津波観測は東日本大震災以降で最大。
東北で津波が観測されたのは、チリ中部沿岸で起きた地震を受けて発生した2015年9月18日以来となる。

多賀城市の砂押川では、津波とみられる波の遡上が確認された。
砂押川沿いにある小野屋ホテルには近隣の住民が避難。

総務省消防庁によると、宮城、福島、千葉の3県と東京都内で計12人がけがをした。
青森、岩手、宮城、福島の各県では、沿岸部の一部自治体の住民らに避難指示が出され、公民館などに避難した。
各教委によると、宮城、福島の両県で計250校以上の小中高校などが臨時休校した。

仙台管区気象台によると、地震は東日本大震災の余震域で起きた。
陸側のプレート(岩板)の内部で発生し、引っ張られる力によってずれる「正断層型」とみられる。
川上徹人地震情報官は「今後1週間は、最大で震度5弱程度の余震に注意してほしい」と呼び掛けた。

政府は22日午前、首相官邸内の危機管理センターに官邸対策室を設置。
電力各社によると、福島第1原発に新たな異常は見つかっていない。
宮城県の女川原発も異常は確認されていない。
JR各社によると、東北、上越、山形、北陸、東海道の各新幹線は一時運転を見合わせた。

(河北新報 2016年11月22日火曜日)
__________

仙台港で予測以上の津波、地形が影響か 専門家が分析

気象庁によると、22日午前11時までにもっとも高い津波を観測したのは宮城県の仙台港。
予測では高さ1mだったが、午前8時3分に1.4mを観測した。

161122 福島沖地震
砂押川を遡上する津波=22日午前8時50分過ぎ、宮城県多賀城市、宮城県警提供

同庁は震源の位置や地震の規模、過去の津波に関する情報などから津波を推定し、高さに応じて大津波警報(3m超)、警報(3m以下)と注意報(0.2~1m)を出す。
今回、宮城県は注意報だったが、午前8時0分、警報になった。

一方、震源域に近い福島県沿岸では相馬市で0.0m、いわき市小名浜で0.6mなど。
津波は反射を繰り返し、後に大きくなる場合があるが、仙台港の方が高い理由について、気象庁は詳細は不明としている。

東京大地震研究所の佐竹健治教授は「港なので局地的に津波が高くなった可能性がある。
湾や港などの閉じた地形や、岬の周りには津波が集まりやすく、大きくなりやすい」と話す。

同研究所の古村孝志教授は「津波は震源から同心円状に同じ強さで伝わるわけではない。
方位によって伝わり方に強弱がある。
地震を起こした断層の傾き方によって、特定の方向に強く伝わる可能性がある」とする。

気象庁によると、今回の震源は東日本大震災の震源よりも陸に近く、深さ26kmと比較的浅い陸側の北米プレートの中。
岩盤が離れるように引っ張られて断層が上下にずれる正断層型だ。
ずれ方が上下で、震源が比較的浅かったため津波が高くなったとみられる。

震災以降、M8クラスの余震は年1回程度の頻度で続いている。
今回も余震の一つとみられており、高さ1mほどの津波は2012年以来という。
気象庁の中村浩二・地震情報企画官は「震災から6年経っているが、影響は長く続くと考えられる」と話している。

(朝日新聞 2016年11月22日13時53分)
__________

昨日(21日)の朝6:59に茨城沖を震源とする地震(M5.3、最大震度3)があり、今朝5:59に福島沖を震源とする地震(M7.4、最大震度5弱)が発生。
東京はどちらも大した揺れではなかったけれど、昨日も今日も揺れている時間が長く、揺れが収まる迄の間に東日本大地震の再来かと不安になる。
このところ、季節外れの暖かさと真冬並みの寒さが交互に来たりして寒暖の差が激しいし、春と秋が短くなっている気がしてならない。
今日は上着要らずの暖かさだった東京に、明晩から雪が降るらしい。
地震の多さと異常気象に些かの恐怖を感じる。

そして何よりも、あの大震災から5年8ヶ月も経った今になってM7.4の余震が起こるなんて考えもしなかったので驚いた。

2016-216:木枯らし1号 - 2016.11.09 Wed

東京都心で9日午前5時37分、最大瞬間風速15.5mの北北西の風を観測した。
昨年より16日遅い「木枯らし1号」となった。

毎年のことだけど、木枯らし1号が吹くと、「冬だな〜」「寒いの嫌だな〜」と思う。
__________

「木枯らし1号」は東京と大阪のみで発表されるが、その発表条件には少々の違いがある。

《東京》・10月中旬~11月30日
    ・西高東低の冬型の気圧配置
    ・風向き:北~西北西
    ・最大瞬間風速8m/s以上

《大阪》・霜降~冬至
    ・西高東低の冬型の気圧配置
    ・風向き:北北東~西北西
    ・最大瞬間風速8m/s以上

2016-203:鳥取県中部で震度6弱 - 2016.10.21 Fri

161021 鳥取県中部で震度6弱

発生時刻:2016年10月21日 14時7分頃
震 源 地 :鳥取県中部
最大震度:震度6弱
位  置:北緯 35.4度、東経 133.9度
震  源:マグニチュード 6.6
深  さ:約10km

【震度6弱】 鳥取県:倉吉市湯梨浜町北栄町
【震度5強】 鳥取県:三朝町鳥取市
       岡山県:真庭市鏡野町
【震度5弱】 鳥取県:琴浦町日吉津村
       島根県:隠岐の島町
       岡山県:真庭市禾津真庭市蒜山下和真庭市蒜山上福田
__________

【被害状況】
・18:00現在、鳥取県内で8人が重軽傷、同県三朝町で86歳の男性が行方不明。
・県内各地に設置された避難所に2,000人以上が避難。
・北栄町で住宅2棟を含む計6棟の建物が全壊。
__________

《鳥取県》
・倉吉市・湯梨浜町・北栄町に災害救助法の適用を決定。
・倉吉市役所庁舎が損壊、同県中部総合事務所に市の災害対策本部を設置。

《警察庁》
・警備局長をトップとする災害警備本部を設置。
・倉吉市に岡山県警と島根県警による広域緊急援助隊を派遣。

《気象庁》
・震源の近くに明瞭な活断層は確認されていない。
・この地震後、鳥取県中部では21:00までに震度1以上の地震を85回観測、うち6回は震度4。
・1943年に「鳥取地震」最大震度6(M7.2)、2000年に鳥取県西部地震」震度6強(M7.3)が発生。
・鳥取地震の約半年前にはM6.2の地震が2日続いて発生していた過去の事例を踏まえ、「揺れの強かった地域では同規模の地震が続く可能性もある。建物が倒壊しやすくなっている危険性があり、十分注意してほしい。」と注意を喚起。

2016-186:偽メール - 2016.09.20 Tue

お天気に恵まれない三連休が明け、台風16号があちこちに上陸しながら東に進んでいる。
今夜には温帯低気圧になったけど、秋雨前線の影響で今週は雨が降りやすいらしい。
三連休も涼しかったけど、今日の東京は最高気温20度、最低気温19度。
涼しいを通り越して肌寒く、長袖を引っ張り出す。

沢山のフィッシングメールが毎日来るけれど、
数ヶ月前から時々ヤマト運輸を装った偽メールが来るようになった。

これが一見すると本物そっくり。

最初に来たメールに記載されている配達予定日の日付と曜日が合っていなかった。
そこで、ヤマト運輸に問い合わせ、偽メールであることが判明。
その時、教えて貰った偽メールの見分け方は下図の通り。

160920 偽メール

この様な精巧なメールが増えている一方で、未だに「2億円もらって下さい」と言ったメールも届く。
この手のメールに引っ掛る人が居るのだろうか?
ふと、そんな事を思う秋の夜長。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

*もらぽん*

Author:*もらぽん*
相棒犬「もらん」のずっこけた日々と、食いしん坊な私のだらけた日々の記録です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

コメントBOX (1)
ご一読下さい (218)
恒河沙だより (16)
ごあいさつ (10)
ニュースなど (94)
東日本大震災 (89)
平成28年 熊本地震 (6)
当ブログについて (3)
相棒"もらん" (659)
もらん・2010 (10)
もらん・2011 (72)
もらん・2012 (92)
もらん・2013 (106)
もらん・2014 (122)
もらん・2015 (82)
もらん・2016 (107)
もらん・2017 (59)
のんのんデス (9)
食こそ我が人生 (806)
今日のごはん (318)
甘味は別腹… (204)
今日の肴は… (193)
手作りの食材 (75)
もやし栽培 (10)
手作り大好き (27)
布小物 (1)
ビーズアクセ (3)
編み物 (2)
草木染め (13)
ちょっと工作 (1)
デコパージュ (1)
メイクパレット (6)
お出掛け日記 (106)
ちょっと其処まで (69)
旅の思い出 (37)
私のお気に入り達 (77)
我が家の器達 (11)
大事な道具達 (21)
携帯電話の事 (27)
推薦したい本 (4)
好きな音楽 (6)
食玩たち (8)
リフォーム (1)
種々雑多な事 (295)
花や草や木や (16)
魚や虫や動物や (9)
ちょっと雑学 (28)
TVのあれこれ (10)
たまには映画 (11)
ゲームを少々 (2)
au oneブログ (4)
Macintosh (17)
諸々のこと (195)
方言いろいろ (3)
昔ばなし (12)
昭和は遠くなりにけり (7)
あぁ、勘違い (5)
只今準備中 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

電力の使用状況

1時間ごとの東京電力の電気使用状況と、ピーク時供給力に対する現在の使用量の割合。

「120万人署名」実施中!

WWF Japanが「エネルギー基本計画を変えよう!」をスローガンに120万人署名を実施中。

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: